2007年11月 8日 (木)

ちょっとだけ一段落☆

10月の後半から11月はじめにかけても、いろんなイベントがありました♪

10月27日は、赤羽にて子育てイベントがあり、そこでママ達のフラメンコということで踊ってください☆と30分も踊る場を提供していただき、17名の生徒たちと共に踊ってきました~(^^)

当日は急に台風が発生し、ものすごい雨と風にもかかわらず、子連れの生徒たちも休むことなく全員参加、そしてお客様も赤ちゃん連れなのにたくさんいらしてくださいました!今回は音響や舞台の広さなど、あまり条件は良くなかったのですが、持ち時間はたっぷりあったので、今教えている曲全てを踊ってもらいました(^^)まだ全部振り付けが終わっていない曲もあったのですが、それは工夫して、オープニングに使ったり、切りのいいところで終わりにしたりして、全部で6曲、しかもフィナーレのルンバは客席の皆さんにも参加していただいて、盛りだくさんな舞台となりました♪今回も楽しかったですね~☆

うちの3女はまたセビジャーナスを踊りましたが、今回はジュニアの相棒Mちゃんが不参加だったので、舞台袖ではテンション低くて暗~くなってたらしいですが、舞台上ではそれなりに一生懸命踊ってたと思います。
しかし、出演後、一緒に連れて行った長女と次女と共に、イベント会場と同じ建物内にある温水プールに入ったとたん、どこにそんな元気を隠してたんだ!と思うほど楽しげな様子で、何十回もウオータースライダーの階段を上っては滑っておりました。(私は、夕方からレッスンが控えておりましたのでガラスの向こうから見学してました~(^^;))いつもはとても混んでいるという区民プールは台風のためガラガラで、ウオータースライダーは滑り放題♪いったい何十回滑ったでしょう(^^;)まだ8歳なので、私やまわりの仲間のようなフラメンコ中毒には程遠いようです。でも「辞めたい」と言わないだけいいかな☆

次の週、月曜は小学校の厚生委員の仕事で新年会の会場へ出向き、新年会メニューの試食&打ち合わせ。

火曜は午前中:東十条でレッスン、5:30~小岩でギター・カンテ合わせ(11月発表会用)、8:30~三ノ輪でギター・カンテ合わせ(12月の発表会用)がありました。

水曜は、スタジオμでキッズストリートダンス教室を主宰している麻未先生が行徳に託児所付きダンススタジオを仲間と共同で作ったのでそのお祝いに、NPO法人でんでん子ども応援隊(子ども支援グループでんでん改め)の代表である豊原さんと一緒に出かけました。とっても素敵な託児室は、ダンスを習う会員の方がお子さんを預けるだけでなく、買い物や外出のための託児もOKとのことで、子育て中のママにはとても嬉しい場所だと思いました♪麻未先生、ずっと温めていた夢がかなって、とても生き生きされていました。成功をお祈りしております。頑張ってくださいね!

木曜は午前中秋葉原のサークルへ教えに行き、夕方は3女のピアノレッスンの送り迎え。この日はエキストラの用事がなく、久しぶりの日常生活♪でちょっとのんびりできました(^^)

金曜は学校の役員の仕事で研究発表会のお手伝い。厚生委員長なので来賓の方へのお茶出しやらシンポジウムへの参加やらの様々なお役目で12時半から5時半まで。子どもたちは6時からのバトンのレッスンのため5時半にはバスに乗らないといけなかったので、学校から帰宅したらやること(軽食を取ることや身支度、持ち物など)の細かい指示を手紙に書いておきました。子どもたちは自分たちでおもちを焼いてお雑煮を作って食べ、支度をして2人でバスに乗って出かけたらしいです。(3女は1人でおばあちゃん宅へ行きました。)練習会場に着いた時次女が電話をくれて、何も問題なかったことを確認できたので、私は三ノ輪へ7時からのレッスンを受けに行きました。少し前まではこういう時おばあちゃんに頼まないといけなかったのに、子どもたちはいつの間にか成長したんだな~と頼もしくなりました。

土曜はバトンイベントのリハーサルに子どもたちを送って行った後、3時から東十条でレッスンを3コマ(計4時間)行ない、終了後急いで三ノ輪に移動し、夜9時から仲間と12月発表会のための自主練をしました。この日はさすがに疲れた~(^^;)

そして日曜、Rosyトワラーズが千代田区の文化祭に出演するのでその世話がありましたが、今回は子どもたちの集合時刻が1時半だったので、久しぶりに9時半までゆっくり寝て、髪型やメイクもいつもよりのんびり整えて出かけました。出演時刻は4時半から5時まで。Rosyトワラーズの演技は相変わらず素晴らしかったです♪ただ単にバトンが上手い、踊りが上手いだけじゃないのです。見ている人を魅了する表情・振り付け・フォーメーション・・・綺麗に揃って踊るだけじゃなくて、コミカルな動きもあり、またチームワークが良かったり仲間を信頼していたりするからこそできるような演技をするんですね~。だから見ている方は引き込まれ、笑顔になり、惜しみない拍手をしたくなる。涙が出るほど感動したステージでした!特に、笑顔が苦手の次女がすごく楽しそうにニコニコと踊っていたのが心を打ちました。ここまで来るのに色々あり、また一つ自分なりのハードルを乗り越えたようです♪いつもながら先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました~(涙)
しかしそんな感動の余韻を楽しむ間もなく、演技終了後私は速攻で取手に向かい、11月発表会の全体リハーサルに参加しました。自分の課題がまだまだ山のようにあることを再確認・・・(- -;)

芸術の秋なのですね~、なんで?っていうほど色々ありました。あまりに色々重なるのでとにかく1日1日の予定を把握し、時間に遅れないように移動するので頭がいっぱいの1週間でした・・・

| | コメント (0)

2007年10月17日 (水)

感動!

10月はイベント出演が3つあり、そのうち2つが終わりました。

6日はふるさと北区区民まつりに参加しました♪2年前にフラメンコ仲間3人で出演した時、屋外の広々した舞台が気持ちよく、お祭りの賑やかな雰囲気の中たくさんのお客様に喜んで観ていただき、温かいスタッフの方々に支えていただいて楽しかったのが印象的だったので、生徒達にこの経験をさせてあげたいな~と思い、今年また出演することにしました。

今回も、裏方でお祭りを支えてくださる方々はこのお祭りを成功させたいという気持ちに溢れていて、私達を温かく支えてくださって有り難かったです!イベントを企画、運営するという経験がある身としては、その大変さを知っているだけに、「裏方をやってくださる方がいる」「踊るだけでいい」というのは本当に有り難く、また生徒達が色々な舞台で気軽に踊ることができるというのも大きな魅力でした。

この日は私はバックでパルメーラ(手拍子を打つ人)を務めましたが、生徒達に何かあっても(振りを忘れてしまった人がいたりとか・・・)レッスンの時のように私が前に出て行って見本を見せてあげることなどもちろんできません。同じ舞台に立っていても、パルマでリズムを出し、ハレオ(掛け声)で応援するしかないのです。

でも、バックで応援していると、みんな一生懸命踊っている姿が感動的なんです。まったく私は親バカだと思うのですが、生徒達が振り付けを間違えたとか、移動する方向を間違えたとか、そんなことは全然気にならなくなってしまいます。多分正面から見ているより後ろから踊っている背中を見るほうが、一生懸命さがよくわかるんですね~。みんな頑張ってるな~と思うと、感動で涙が出そうになります。今回は14人もの子どもたちの親役だったので、感動も14人分です。まだ踊り始めて日が浅い生徒たちも、つたないながらも頑張っている姿が心を打ちました。

私の2人の師匠もいつも言っています。本番までの日々は細かいことにこだわってよりよい踊りにするために練習するものだけど、本番の舞台では間違いなんてない。観に来てくださる方、それまで支えてくださった方たちへの感謝を込めて一生懸命踊ればいいんだと。そして舞台で踊ることは人生という旅における一つの港のようなもので、そこにたどり着いて終わりではなく、そこからまた新たな目的地を見つけて再び旅に出るのだと。

それぞれ反省したり後悔したりはあると思いますが、それを「次はもっといい踊りにしよう」という意欲に変えてこれからも楽しいフラメンコ人生を歩んでもらいたいと思っています(^^)

さて、先週末の14日は、子ども支援グループでんでんで学習サポートのスタッフをしておられ、また英語サークルも主催なさっているIさんのご主人が、お住まいの団地の高齢者の集いでフラメンコを踊ってほしいと連絡をくださり、出演することになったのですが、感動に次ぐ感動のすばらしい1日でした!

Iさんのご主人は、以前私がでんでんのイベントでビン笛とコラボして踊ったのを観てくださったのがきっかけで、団地のイベントでフラメンコを踊ってほしいと思ってくださったそうで、実は去年もオファーいただいていたのですが、子供たちの運動会と重なってしまって実現せず、先日2年越しでやっと実現したのでした。

さて、何が感動だったかというと、まずはイベントスタッフの方々のおもてなしのすばらしさ!控室ではお茶やお菓子を次々に出してくださり、「鏡はもっと必要ですか?」と持ってきてくださったり、「控室は私達が責任を持って事故や盗難がないよう管理しますから、貴重品も安心して置いていってください」などなど、責任感が強くておもてなしの心に溢れたスタッフぶりに感動しました!

そして舞台では・・・80~100人入ると聞いていた会場がいっぱいになっており、後半になると立ち見も出ていました♪Iさんによると「若さ溢れる皆さんに誘惑されたのでしょう、今年は男性の観客が多かったです」とのことで、もしかしていつもは参加しない方も出てきてくれたのかな~、と嬉しく思いました♪

Pa142118
1曲目のセビジャーナスでは、「かわいい!」「きれいね~!」と嬉しい声が聞こえました。いつも下を向いてしまって笑顔で踊れないジュニアの2人には前日のレッスンで「フラメンコを見たいとお金を払ってわざわざ呼んでくださった人たちに喜んでもらえるよう、楽しそうに一生懸命踊らないといけないよ」と言っておいたところ、珍しく出番前に「3番の1番目と4番を教えて」と言って練習し、本番ではまだ笑顔が足りなかったけれど、いつもより一生懸命踊っていました(^^)

Pa142124
2曲目は、アシスタントのNちゃんが初のソロでブレリアを踊りました☆ずっと前から「ソロで踊らない?」と打診していたのですが、自信がないと躊躇していたNちゃん。今回は地元でもなければフラメンコ関係者もいない、そして観客のお年寄りはきっと温かく支えてくださるはず、初ソロにはもってこいだ!と思ってその機会を設定したところ、本当にその通りでした♪皆さんの温かいまなざしに励まされ、Nちゃんは立派にソロの舞台を飾ることができました☆いつもイベントで伴奏してくださるギターさん、カンテさんの支えも大きかったですね♪堂々としていて、いい踊りでしたよ♪初ソロ成功おめでとう!

Pa142144_3
そして3曲目は私のタンゴ・デ・マラガです。2曲目まででお客様が盛り上がっているのを感じたので、「いいぞ!と思うところでオレー!と掛け声をかけていただけるとより盛り上がって嬉しいです!」と話してから踊ったところ、みなさん随所で「オレー!」と大きな声を出してくださり、タンゴへの切り替わりの部分では拍手がすごくてギターの音が聞こえないほどでした♪おかげさまで私もとっても盛り上がって楽しく踊れました~☆

最後のルンバでは、観客の皆さんに参加していただき、一緒に踊りました!座っていらっしゃる方もみなさん踊ってくださって、本当に嬉しかったです♪Pa142155_2

今まで私が経験してきた舞台はどれも楽しかったですが、一体感・楽しさともに、今回の舞台が一番かもしれません(^^)立派な舞台上での発表会もいいですが、私は観てくださる方と一緒に盛り上がれるようなライブが大好きです!

会場を出るとき、お客様が「ありがとう!」「ありがとう!」と拍手で送り出してくださり、本当に感動しました!私はいつも、イベントに出かける時は観ている方に喜んでもらえるように一生懸命踊ろうという気持ちで行くのですが、踊り終わると、実はこちらが元気と喜びを与えてもらっているんだと感じます。幸せなことです♪ジュニアの子どもたちも、自分たちの踊りを喜んでもらえたんだと感じることができたと思います。今後の意識が少しは変わるかな?

次の舞台は27日、子育てネットワークのイベントで踊ります♪今度はどんな感動が待っているか楽しみです!

| | コメント (0)

2007年10月 4日 (木)

嵐の日々!

先週くらいから、また嵐のような日々がやってきました。

まずはリハーサルの嵐!10月はイベント出演が3つ、11月は柴田先生の教室の発表会、12月は小林先生の教室の発表会があるため、毎週のように何らかのリハーサルがあります。なかでも今週は特にすごくて週5回もあり、月曜は2つの発表会のリハーサルが同じ日に重なりました(^^;)

踊るのは同じ曲なのですが、持ち時間の関係で構成を変えなければならないため、果たして混同しないだろうか、緊張しました~。結果はまあ何とか気持ちを切り替え、流れを間違えることなくできて、ホッ!踊りはもちろんまだまだ踊りこみ不足で、課題は山積みですが。。。でも始まる前はどちらも気が重くて踊りたくな~い、って感じだったはずなのに、終わってみるとどちらもギターさん、カンテさんが自分を支えてくれようとしているという空気をすごく感じることができて、とっても楽しく踊れたのです♪そして現金なことにこれから当日までの日々がすごく楽しみになりました~☆やっぱり生伴奏で踊れるって楽しくて幸せですね!

そんな嵐の日々と同時に、衣装作りの嵐もやってきました(^^;)11月4日にバトンのイベント出演があるため、新しい衣装作りが始まったのですが、なんと三女も10月6日の北区まつりで新しい衣装を着たいと言うのです。。。いつも長女と次女と私の衣装作りばかりしているので、三女にもやってあげなきゃ、と思い作り始めたものの、とにかく色んな予定がどんどん入ってくるのでミシンをかける時間が取れないのです~。もっと時間があると思って甘く考えていたのと、選んだ布地の配色の関係で4段フリルになってしまったことで、ミシンをかけてもかけても進まない!

Vfsh0106
それでも予定通り北区まつりで着せてやりたいと(いや、早く一つ終わらせて次のやるべきことに進みたいと)、頑張りました~☆

今度はバトンの衣装が2人分。。。

ああ~何も考えず朝寝坊したりボーっとしたりできる日、1日でいいから誰か分けてください!

| | コメント (4)

2007年9月22日 (土)

ライブ三昧再び!

12日(水)、フラメンコ仲間のMちゃんが仲間たちと出演する自主企画ライブに行ってきました♪出演者それぞれがカンテもバイレも交代交代にやり、ハレオもみんなで作りこんだ様子がよくわかり、とにかく全員で一つの舞台を創り上げたという感じでとても好感が持て、観ている方も心から楽しむことができました☆

私が応援しに行ったMちゃんは、ソロ2回目となるガロティンを披露♪独創的な衣装に加え、振りも自分だけのオリジナルの部分も加えられていて、とっても素敵でした~(^^)隣の男性から、「あの方のお友達ですか?いや~カッコいいですねえ。ファンになりました!」と言われ、私が言われたわけではないのにすごく嬉しかったです♪

同じクラス仲間のKちゃんも来ていて、最後はセビジャーナスバイランドに誘われ、舞台でパレハ(ペア)になり踊らせてもらいました~☆アルハムブラで出演者として人に見せるために踊るのとは違って単純に自分達が楽しむため、相手との間合いを計りながら気持ちを合わせて踊るのは本当に楽しいです♪あ、いや、アルハムブラでも結構楽しんでいるなあ。もちろんステージとして人様に見ていただくために踊るので緊張や責任感がある分の意識が違うのですが、パレハで踊るのって何かワクワクしますよね(^^)特にセビジャーナスの場合常に向かい合って相手の顔が見えるので、目が合うと自然にニコニコ顔がほころんでしまいます。

さて、その翌日、タピピの北嶋さんからメールが来て、「アルハムブラに今枝さんが出るから観にいかない?」とのお誘いが!通常は、自分の都合で2日連続で夜出かけるなんてしないのですが‥(ただでさえ水金のバトンと土のフラメンコの3日はレッスン時間が夕飯時であるため、ついつい食事がおろそかになりがちで、それ以外の日はなるべく母である私がちゃんと手をかけて作った食事を食べさせてあげたいと思うので・・・)、でも行きたい!

で、結局行きました(*^^*)でもちゃんと夕飯作って、子どもたちと一緒に食べて、片付けをしてから♪ちょうど夫も帰ってきたので、「ちょっと行ってくる!」と自転車を飛ばし、9時からの2部に間に合いました~(^^)まったくアルハムブラは私にとってすばらしい立地条件で嬉しいです♪

舞台は、それはそれは素晴らしかった!バイレは今枝友加さん、島崎リノさん、福山奈緒美さん、カンテは阿部真さんと高橋愛夜さん、それにギターは松村哲志さんという、お名前を聞いただけでワクワクする豪華キャストです。そんなすごい方々が、ご自分のパフォーマンスはもちろん、相手の良さを引き出し、さらに観客を楽しませるために力を注いでいるというのが感じられるライブで本当に楽しかったです~♪この日観に行けたのはすご~くラッキーでした!北嶋さん、誘ってくれてありがとう!

そしてさらにライブは続きます。17日(月・祝)、子どもたちが神宮球場に出演してきました!ヤクルトX中日戦のオープニングで、スペシャルゲストとしてベースボールをテーマにした作品を踊ったのです♪
朝10時に集合して、お昼まで球場でリハーサル。親たちは誰もいないスタンドでそれを見ることができたのですが、せっかくなので中央の一番前、つまりキャッチャーのすぐ後ろの席に座ってみました。その席って、キャッチャーの目線に近くして臨場感を味わえるようにという配慮からだと思うのですが、席が幼稚園の椅子のように低いってご存知でしたか?面白いですね~。
子どもたちはぶり返した猛暑の中、グランドの端から外野中央まで走って入場する練習をしたり、いつもの舞台の何倍もある場所でフォーメーションを崩さないよう間隔を確かめながら踊っておりました。私達も日焼けを恐れながらも、全体の動きを楽しめる最高の場所からリハーサルを見ることができてラッキーでした。

さて本番は、満員のスタンド、とは言えない状況でしたが、ROSYサポーターズもポンポンを持って応援し、盛り上がりました~♪いや~、子どもたちは本当にすばらしい経験をさせてもらったと思います。あんな広いグランドで、何万人(?)もの観客の前で踊ったのですから。また、演技の後は選手入場のための花道を作って選手を送り出す大役も務めさせていただいたり、7回裏には傘を持ち、再びグランドに立って外野席の皆さんに向かって東京音頭も踊らせてもらったりして☆このすばらしい日を迎えるまでにご尽力くださった方々には本当に感謝しております。ありがとうございました!

親たちはROSYの応援がメインでしたが、もちろんヤクルトの応援も忘れませんでしたよ(^^)東京音頭もみんなで歌ったし♪特に私の夫、実は昔からヤクルトファンで、もしかしたら彼が一番この日を楽しんでいたかも!?1回の表から大量点を許してしまった石井投手に対して
「石井~!しっかりしろ~!!」
と大声で檄を飛ばし、エラーした中日の選手に対して
「いいぞ~!中村~!!」
と叫んでいました(^^;)
大人になるとそんなふうに大声を出したりして発散する場が少なくなりますから、野球観戦、ストレス発散にいいかもしれませんね~☆

当日の詳しいレポートはROSYトワラーズブログ:
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/rosytwirlers
をご覧下さい♪

| | コメント (3)

2007年8月 8日 (水)

ライブ三昧!

8月5日は、ライブ三昧な1日でした!

2時~:さいたま芸術劇場にて、jazz dance REIKAさんのダンスミュージカルを鑑賞♪
スタジオμでベリーダンス教室を主宰しているMISA先生と一緒に行きました。

時間の関係で最後まで観られなかったのが非常に残念でしたが、すご~く勉強&刺激になりました!ダンスの発表会を主催するだけでも大変なのに、ミュージカルとなると大道具・効果音作り・演技指導などなど、発表会の何倍も大変だろうというのが容易に想像できます。それを発表会とは別に毎年やるなんて~!主宰者のREIKAさんのパワー、すごすぎです。

そして6時~:日比谷野外音楽堂にて、小松原庸子さんの毎年恒例の公演である「真夏の夜のフラメンコ」を鑑賞♪
アシスタントのNちゃんに誘ってもらい、Nちゃん親子、生徒のNさん親子、そして私も埼玉から途中三女をピックアップして親子で観に行きました。

このライブも、すごかった~!なんと今年で37回目だそうで、私は今回初めて観させていただいたのですが、とっても華やかで楽しくて、2時間半があっという間に過ぎてしまいました!

衣装も演出も振り付けも、アーティストもすばらしくて、小松原さんの偉大さを改めて感じました。あれだけの濃い内容の舞台を創り上げる才能と経験と何より意欲にあふれる小松原さん、本当にすごいです~。ご本人の踊りも拝見することができて感激でした!

途中、「セビジャーナスを踊ろう」という時間があり、
「希望者は舞台に上がって踊ってください!」
と声がかかると、NちゃんとNさんはすかさず立ち上がり
私が「いってらっしゃ~い」
と言うと、
「先生も行きましょう!」
とすごい積極的だったもので、思わずその勢いにのってしまい、舞台に上がってしまいました☆
三女も一応3番まで踊れるので、誘ってはみたのですが、想像通り
「行かない」
ときっぱり言うので、席に残していきました(^^;)
舞台に上がる途中、私の後ろにいた方が
「ここまでで締め切りです」
と係の人に言われていて、最初は別に舞台に上がる気もなかったのに、人数制限内に収まったと知ると急に得した気分になってしまいました(*^-^*)

Nさんのお子さんをだっこして踊ったり、Nちゃん、Nさん、私の3人で三角になって踊ったりして、あ~楽しかった!

真夏の屋外での舞台鑑賞なんて、暑くて不快だろうと想像していたのですが、とても暑い日だったにも関わらず日が落ちると意外にも夜風が涼しく、とても気持ちよかったで~す♪屋外のライブ、開放的でいいですね!今年は10月6日に北区ふるさと区民まつりに出演できることが決まり、会場は王子の飛鳥山公演の屋外ステージ♪俄然楽しみになってきました~(^^)/

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

先生のライブ♪

8月1日、かねてより楽しみにしていた小林先生のライブがありました♪

朝から、接骨院に行ったり子どもを医者に連れていったり、子供たちの学校へ個人面談に行ったり、そして子どもたちだけで留守番をしてもらうために夕飯の支度をしたりして、いつものようにぎりぎりまでバタバタして出かけました。しかもこういう時に限って子供たちは揉め事を起こします(^^;)私が「心ここにあらず」なのを感じるのでしょうね・・・ちなみにこの日の揉め事の原因は、「姉妹で人生ゲームをやりたい」という次女の主張でした。これを「そういう気分じゃない」と長女が拒んだことで次女がヒステリックになり、長女はますます相手にしなくなり泥沼状態へと・・・(--;)(こういう時第三者は(今回はたまたま3女でしたが)とばっちりを受けないよう息をひそめて冷ややかに状況を静観しています。)

とまあ取るに足らない揉め事なので、私がいなくなれば仲良くなるだろうと「とにかくご飯を食べてお風呂に入って歯を磨いたら寝なさいね!」と言い捨てて家を出ました。予定の時間を大幅に過ぎていましたが、汗をかきかき何とか開場時間に間に合うようにたどり着くことができました★

会場で友人エバユリさんと落ち合い、同席させてもらったのですが、そういえばけっこう長い付き合いなのにライブを一緒に見るのは初めてだったかもしれないと、たった今気づきました!片方が出演者で片方が観客、もしくは出演者とスタッフというシチュエーションばかりでしたねえ。

で、いよいよライブが始まると、もう凄くて凄くて♪「あ~これがプロの舞台ってもんだな!」と感動し、興奮し、ノリにノリ、そして正味1時間半ほどの舞台があっという間に終わってしまいました。

ギター4人、カンテ2人、バイオリン1人、カホン1人という超豪華アーティストと踊り手が一体となり、一つの舞台を作り上げ、盛り上げていく。それがこの上なく痛快で、「これぞフラメンコだ~!」と感じ入り、もう嬉しくて楽しくて、ハレオをかけたり体が自然にリズムをとっていたりして、本当にあっという間のひとときでした!

大原たか子さんの踊りはアルハムブラでご一緒させていただいて以来2回目、そしてベニート・ガルシアさんの踊りは初めて拝見しましたが、お2人とも本当に素敵でした♪特に印象に残ったのは、大原さんのおしゃれさ(頭の先から足の先までニクいほど素敵にコーディネイトされた姿にウットリ♪)、ベニートさんの強くて早くて正確なサパテアード(完璧にコントロールされたパルマの音も衝撃的でした☆)。

そして小林先生の踊りは、いつも拝見しておりますが昨日はいつにも増して素敵でした~♪やっぱり私は小林先生の踊りが大好きです!新曲のシギリージャ、凄い!の一言でした~(^-^)/あのアイレは、先生にしか出せません!私達は同じ振りを習っておりますが、「絶対同じようにはなれない・・・まったく違う芸風でいくしかない(^^;)」なんて思ってしまいました~。

あ~、本当にすばらしいひとときでした!終わったあと、周りの仲間と「これから家に帰るといきなり日常に引き戻されるのよね・・・あ~あ」なんて言うほど、ず~っとこの夢のような空間の余韻に浸っていたい気分でした。そして「踊りたい!」という気持ちがいつにも増してメラメラと~☆

こんな素敵なライブを提供してくださった先生に心から感謝しています!そして当日のスタッフとしてお手伝いをなさっていた方々、本当にお疲れ様でした!

そして帰り道、夢心地で新宿駅へと向かう途中、「ちょっと熱があるから早く帰ってきて・・・」という長女の心細げな電話で早くも現実へと引き戻されたのでした~(^^;)

| | コメント (2)

2007年6月13日 (水)

Viva Madre!

6月9日(土)は小林弘子先生の教室のミニ発表会に出演しました♪私はクラスメイトのMちゃんとデュオでガロティンを踊り、自分の出番でない時はバックでパルマをやらせていただきました(*^^*)楽しかった~!

普段ソロで踊っているガロティンを今回は2人で踊ることにしたので、Mちゃんと「色々手を加えて2人ならではのガロティンを作ろうね」と4月からほぼ毎週、スタジオμに集合して練習を重ねてきました。もともと気が合うとは思っていましたが、今回さらにそれを実感♪2人でストーリーを展開しながら構成、振り付けに手を加えていく過程も楽しくて、「こういうのはどう?」「そうだね、そうしよう☆」と言いながら構成を決め、実際その通り踊ってみて「いいね~☆」と自画自賛する日々でした♪最初の練習日なんて、あまりに楽しくて2時間半ず~っと踊っていて、次の日体中が痛くなるほど(^^;)

ギターさん、カンテさんとの合わせ練習の時も、ソロだと緊張がすごいのですが、今回はそれが全くなく、とにかくずっと楽しんでました☆「もっといい踊りにするために課題はたくさんあるはずなのに、こんなに楽しいばっかりでいいのかしら・・・」とちょっと心配になりましたが、結局最後までそれに甘んじてしまいました(^^;)

で、迎えた当日。1部はタピピで調達した真っ黒の衣装でパルメーラ(手拍子をする人)でした。皆さん素晴らしくて、バックからハレオ(掛け声)をかけまくり、盛り上がりました☆中でも、お嬢さん、お嫁さん、そしてお孫さんが見守る中迫力の踊りを見せてくれた友人エバユリさん、本当にすばらしくて感動しました!

そして2部のオープニングは私達のガロティンです♪1部で客席が盛り上がったおかげで、客席からもハレオやパルマ(手拍子)をたくさんいただき、練習以上にすご~く楽しく、ノリノリで踊ることができました♪その後も仲間達の素晴らしい踊りにバックからハレオで応援し、刺激と感動をたくさんもらって本当に楽しかったです!

私達の次に踊ったEちゃんが、迫力の踊りを魅せた後、ハケの際楽屋へのドアと間違えて手前の掃除道具入れのドアを開け、全く疑う様子もなく真っ暗な部屋に消えていってしまうというコントのようなハプニングに、バック一同舞台の上だということを忘れて笑ってしまったり、私の生徒のお子さん達がすばらしいハレオをかけてくれて盛り上がったり、という別の意味での楽しさもあり、普通の発表会ではなかなか味わえない一体感のある素敵な1日でした♪

こんな素敵な会を企画してくださった小林先生には本当に感謝です!プログラムの挨拶文に「家族や仕事のために生きてきて、自分のための時間などなかなか持てなかっただろう彼女たち・・・子育てや仕事がひと段落してそして自分のやりたいことに出会い、仲間たちに出会い、輝きを増す彼女たち。そんな彼女達を皆さんに観ていただきたくてこのコンサートを企画しました。・・・(略)・・・あなたが誰か特別な人だから素晴らしいのではなく、今、そこにいるあなた自身が素晴らしいのです」という感動的な言葉がありました。そんなふうに思ってくださり、いつも私達に色々な経験をさせてくださる先生、本当にありがとうございました!

次の日曜にはその刺激をそのまま持って北区のイベントに出演しました。今回持ち時間が短かったのでセビジャーナス、ファンダンゴ、ルンバをメドレーで演奏してもらい、各クラスのメンバーが入れ替わり立ち代り踊るという構成にしましたが、いい選択だったようで、「コンパクトにまとまっていて飽きずに楽しく見れて良かった」という嬉しい感想をたくさんいただきました(^^)出演したメンバーも楽しんで踊ってくれたみたいなのでそれが何より嬉しかったです♪Vfsh0093_1

パルメーラとして協力してくれたMちゃんと、土曜のステージも観にきてくださり、日曜はバックを引き受けてくださったギターの福嶋さんとカンテのMIKIさん、3人とも連日おつきあいくださり、本当にありがとうございました!

その日は一度解散して家に帰った後また夜にMちゃんと会って今度は20日のアルハムブラに向けた練習をしました☆フラメンコ三昧で幸せな週末でした。

しかしさすがに疲れたみたいで、月曜は珍しく昼寝しちゃいました~(^^;)

| | コメント (6)

2007年2月22日 (木)

アルハムブラ出演

昨日はアルハムブラに群舞で出演させてきただきました♪

今回は一部のオープニングが小林先生とMちゃんとのガロティンの群舞だったので、いつもソロで気ままに踊っている曲を3人で合せる、しかも先生と!というのは緊張しましたが、先生と3人で2回合わせ、Mちゃんと2人で1回自主練をして、「この部分はそれぞれこの向きで」とか「ここでお互いに目を合せよう」とか打ち合わせをしながら群舞ならではのガロティンを作るのは新鮮で楽しかったです♪でも本当は客席から先生のガロティン見たかったなあ。。。

あと舞台に上がったのは踊りの合間に全員で歌う歌2曲と2部のオープニングのセビジャーナス、それにフィナーレだけで、他の出演者の方々の踊りは客席側から見られたので、6曲もの素敵なバイレを堪能できたし、全身を震わせながら歌うChanguiさんのカンテや、バイレのノリと一体となって楽しそうに弾くSantiさんのギターを耳だけでなく目でも楽しませていただきました。それから瑞穂さんのパルマ!いつもカッコ良くて真似したいと思っているので、今回チャンス!と思い近くで見ながら真似しようと頑張ったのですが。。。当たり前ながらそう簡単にはいきませんでした。でも「なるほど~」と思うところがたくさんあって、とても勉強になりました。

というわけで、先月のソロ出演とはうってかわって、私とMちゃんは終始お気楽ムードでと~っても楽しいライブでした(^^)今回ソロで踊った仲間達は、リハの時に苦しんでいたので先月の私達と同じくとても緊張していましたが、本番では3人とも見違えるように素敵に踊っていました。思うようにいかなくて苦しむ姿を見ていただけに、最後の最後まで練習を重ねて苦しみを乗り越えられたことが仲間としてとても嬉しかったです♪

楽屋では、今回はいつもより大人数だったのですが、申し合わせたわけではないのにおにぎりや巻き寿司やお菓子を持ち寄っていて、お客様からの差し入れもいただいたりして、いつにも増してピクニックのように賑やかで楽しく盛り上がりました♪

それから、昨日はと~っても嬉しいサプライズがありました!なんとライブ終了後、先生が「ハッピーバースデー」のスペイン語版を歌いながらロウソクの点いたケーキを持って楽屋に入っていらしたのです。実はライブ当日が私の誕生日だったのですが、カンテのChanguiさんも翌日の22日が誕生日とのことで、Changuiさんと私のためにケーキを準備してくださっていたのです!まさかそんなこと想像だにしていませんでしたので、何が起こったのかしばらく理解できず、本当にサプライズでした。私の誕生日を覚えていてみんなで祝おうと提案してくれたMちゃん、わざわざ遠くからケーキを買って持ってきてくださった瑞穂さん、そして体調が良くなかったにもかかわらずライブの他におまけの企画までしてくださった先生、本当に嬉しかったです♪ありがとうございました!みんなで食べたケーキ、格別に美味しかったです☆

来月は客席に座って先生や瑞穂さんの舞台を堪能するつもりです。楽しみで~す♪

| | コメント (4)

2007年2月 1日 (木)

フラメンコの夕べin日暮里

Img_0034 1月29日(月)、つまり子どもたちがバトンの大会に出場した翌日、今度は私の舞台出演がありました。タピピの北嶋さんの妹さんが教えているピアノ教室の発表会があり、フラメンコ仲間のさっちゃんのお子さんがそのお教室に通っていることと、北嶋さんが先生の家族であるということで、発表会後の余興として(?)第2部でフラメンコを踊ることになったのです♪私は直接の関係者ではないのですが、北嶋さんとさっちゃんのフラメンコ仲間ということで一緒に踊らせてもらうことになりました。

Af1a 伴奏はさっちゃんのご主人(会社員ですがフラメンコ愛好会「Flamenco de La Vida」のリーダーでギタリストです)、カンテは柴田元子先生が来てくださいました♪「La Vida」では、地域のお祭りなどに招かれてライブを行なうことがよくあるため、持ち運びがしやすいよう小さくカットされた専用のコンパネを持っています。今回の会場もフラメンコシューズで踊ることが許されていない床だったため、そのコンパネを持ち込み、出演者一同で設置作業を行ないました。

第1部のピアノ発表会は、とっても温かくてすばらしい会でした♪多田智香子先生は、保育士と音楽療法士の資格をお持ちなので、当初大人のためのピアノ教室を開いたのにお子さんの生徒さんが半分くらいいました。また、障害を持った子どもたちのグループによる合奏もあったのですが、ピュアな音色に泣けちゃいました。先生の、穏やかでとっても素敵なお人柄が伺える発表会でした♪

Img_0091 そして第2部、スタジオμの生徒達数人にフラメンコ仲間のミヨコさんやMちゃんが見に来てくれました☆うちの3人娘にも有無を言わさず付き合わせ、カメラマンをやってもらいました。1曲目のセビジャーナスが終わり、私のガロティンが始まった時、正面のドアからなんと小林先生が入ってこられるのが見えてしまいました!先生は偶然にも同じ建物の別の会場でパーティの余興に招かれ、踊ってらしたのです。数日前にMちゃんを誘った時、その話は知ったのですが、まさか同じような時間帯でしかも見に来てくださるとは思っていなかったのでびっくりし、緊張してしまいました(^^;)(北嶋さんが会場入りする時に偶然先生と会い、「よかったらいらしてください」とお誘いしたのだそうです。私も別に隠すつもりはなかったのですが、お話する機会もなかったし、先生はいつも私のブログを読んでくださっているので事後報告で知っていただけばいいかな、なんて思ってたのです。ちゃんと自分からお話ししておけばよかった!と後悔しました。。。)

Img_0064_1 そんなわけで随分踊りに力が入ってしまいましたが、何とか無事に踊り終わり、さっちゃんのティエントス、北嶋さんのアレグリ、最後に3人のブレリアで幕を閉じました。柴田先生はピアノの発表会で素敵な演奏を聴いたおかげで、すごく楽しく歌えたそうです(^^)後で写真を見たら二ッコニコでノリノリの先生の姿が写ってました♪

終了後、お客様にご挨拶しました。もちろん小林先生にも☆先生は前回のアルハムブラの時も「前よりすごく良くなったね」と褒めてくださったのですが、今回も「本当に踊りが女っぽくなって良くなったわね~」と言ってくださいました!ありがとうございます!!本当に嬉しいです。

しかし、先生が私の成長を喜んで下さることに面と向かって素直に喜びを表せない自分がいます。というのも、私は今二人の先生に習っていて、両先生からそれぞれ異なったパワーをいただいているおかげで皆さんから「成長したね」と言っていただけるのだと思っているので、各先生に「小林先生のおかげです!」「柴田先生のおかげです!」と全面的に言うことができず、どこか後ろめたい気持ちになってしまうからです。そしてどちらかの先生お1人に決められない自分はこのままでいいのか、とジレンマに陥ったりします。

両先生とも承知してくださった上でのこの状況なのですが、お二人とも「良くなったね~」と手放しで喜んでくださることがかえって心苦しかったりして。。。しかもこの時は小林先生と柴田先生と私、という普通ありえない状況で「甲斐さんは自分の中の女に目覚めたのね」「恋でもしてるのかしら♪」なんて会話を先生同士が楽しげにしてたりして、私はどういう顔をしてお返事をしたらいいやら。。。(@@)

そんな戸惑った顔をした私に「弘子先生に褒められてよかったね♪もっと手放しで喜べばいいじゃない」と柴田先生はおっしゃるので、私のそんな気持ちをもらしてしまったところ、「それなら踊りでその気持ちを返していけばいいんじゃない?甲斐ちゃんにはそういうこと(二股をかけているような状況)をはね返す誠実さがあるんだから大丈夫♪それに私達は教えてるのではなく、きっかけを与えてるだけ。自分が変わろうとするから変われるのであって、誰に教わっても自分からつかもうとしない人は変われない。良くなったのは自分が努力した結果なんだから自信を持っていいんだよ」と言ってくださったんです!「ああ、そんなふうに思っていてくださったんだ」と知り、救われた気持ちになりました。

一方、本来おもしろくないと思って当然の小林先生も、「場数を踏んで本当に良くなったね!生徒を縛ったって仕方ないんだから自由にどんどん色んな経験をしたほうがいいわよ」と言ってくださり、私はこんな素敵な先生方にめぐり合うことができて、なんて幸せ者なんだろうと思いました!

素晴らしい仲間、器の大きな先生方に恵まれ、フラメンコを一緒に楽しむことができること♪そして家族や友人や周りの方々がそんな私を理解し、応援してくれること♪本当に有り難いです!これから、もっともっといい踊りができるよう努力し、皆さんにもっと喜んでいただけるようになりたいと思いました(^o^)/

| | コメント (2)

2007年1月23日 (火)

アルハムブラ-ソロ出演♪

_1705 1月17日(水)、西日暮里アルハムブラの小林弘子先生のショーに出演させていただきました!先生は今回私に、1部でカラコレス群舞とソロのソレア、2部でセビジャーナス群舞とフィナーレのブレリア、と計4曲も踊らせてくださいました。歌も歌って、楽屋ではいつものように仲良くワイワイ、キャピキャピ♪結果的にはとっても楽しい1日でした。あくまで結果的には。。。ですが。だってすごく心配だったのです。ソロのソレア★

_1713_1

何しろタブラオですから、皆さんお金を払って見に来てくださるわけで、そういうところでソロを踊るとなるとかなり緊張します。まして知り合いがたくさん応援に来てくれるとなれば、「いい踊りだった」と感じてもらいたいので、本当に緊張しました。しかも、1月8日のイベントではブエルタに失敗するし、全体的に細かいところまで考えて踊りこんでいないなあと感じていましたので、ソロで踊るのは嬉しい反面プレッシャーも大きかったのです。そんなわけで、舞台前1週間はかなり練習しました。年明けに小林先生に指導していただいたところ、1月8日のイベントで失敗したブエルタやビデオを見て反省したところなどなど。。。ぎりぎり前日まで練習しましたね~。それでも足りない!って感じでしたが。。。

アルハムブラでのソロは初めてだったので、色んな方にお知らせしたところ、たくさんの皆さんが応援に駆けつけてくださいました。弁護士の岡田先生と秘書のAさん、子どもの同級生のお母さん達、教室の仲間のエバユリさん達、そして生徒達はお子さんやお母さん連れで13人!天気が悪く寒い中、本当にありがとうございました!それにしても皆さん楽しんでくださったようで、ホッとしました(^^)

問題の踊りですが、もう無我夢中で、どう踊ったのかよく覚えてません(^^;)踊り終わった後はいつになく口の中がカラカラで、精魂尽き果てたという感じでした。唯一、苦手なブエルタが回れたので、そこだけは「よかった~♪」と思ったのを覚えています。先生の振り付けでは、左足で踏み込んで後ろ方向に回るというものだったのですが、2回転、3回転の連続技だとどうしても軸がぶれてしまってダメなので、左足で踏み込むまでは同じでそこから前方向に回ることにしたのです。そうしたらウソのように回りやすかった♪まあ今回はこれで良しとしても、前と後ろでこんなにも軸の安定性が違うというのはかなり問題です。今後の課題として取り組んでいきたいと思います。あ~、小林先生のようにシャープにカッコよく回れるようになりたい~!

それから、今回は踊っていない間もずっと舞台上にいて、バックでパルマを叩いたのですが、これまた緊張しました!いや~、パルマは難しい!ただリズムを刻んで手を叩けばいいというものでは全然なくて、踊り手さんがパッと止まったら一緒に止まらないとカッコよくないので、パルマがはみ出ないように神経を集中させていないといけません。かといって終始踊りを睨みつけて叩いても盛り上がらないのです。先生やカンテの永潟さんに言われるのは、「踊りが盛り上がるところではこちらも盛り上がって体全体でリズムをとりながらパルマを叩き、ハレオもどんどんかける」「ちゃんとギターやカンテの呼吸も感じて、みんなで気持ちを合わせてそれぞれの表現を楽しまないといい舞台にはならない」と。全くおっしゃる通りです。今後先生や相田さんのパルマを見ながら勉強させていただきたいと思います☆

こうしてフラメンコの奥深い世界にますますはまっていっていることが嬉しくてたまらない今日この頃です♪来月21日(水)のアルハムブラではMちゃんとガロティンを踊ります。ちょっとレベルアップしたガロティンを踊りたいね☆と二人で自主練計画を立てています(^^)よかったらまた見に来てくださいね~♪

| | コメント (2)