« 2010年5月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年8月 8日 (日)

フラメンコ三昧一段落①

6月から、フラメンコ関連の用事が急に増え、慌ただしい毎日を送っていましたが、夏休みに入り、7月28日のアルハムブラライブが無事終了してホッと一息、母親業の比重が大きい日々が戻ってきました。

このフラメンコ三昧な日々の皮切りは6月18日、私の母校青山学院大学でスペイン語を教えてくださっていた大久保典子先生を囲む会でした。

その会場は、新大久保にある「カサ・アルティスタ」というお店で、フラメンコ・ショーもやっている老舗のタブラオ(フラメンコのライブハウス)でした。参加された皆さんは、それぞれ先生とは深いつながりがあるのですが、クラス会のように全員が知り合い、というわけではないので、自己紹介から始まる方たちもいます。でも青学の、寛容でおっとりした校風のおかげで、知らない方ばかりの中でも和やかに楽しい時間を過ごすことができました。
先生とも久しぶりにお会いできて、とっても嬉しかったです♪

その会の後半、ちょうどフラメンコショーが始まった時に、
お店のオーナーが
「フラメンコ踊れる人は舞台に出てきて一緒にセビジャーナスを踊ってください!」
と言いました。
私を含む3人が舞台に上がり、その日のダンサーの方と一緒に踊らせていただいたのですが、私は誰かと向かい合わせで組んで踊るのが大好きで、初対面の方でも、アイコンタクトをとり、呼吸を合わせて踊れた時は嬉しくて楽しくて、この日もニッコニコで踊っていたんですね。本当に楽しかった~♪
踊った後は周りの皆さんがとっても喜んでくださって、それまでよりもっとフレンドリーに接してくださったことも嬉しかったです♪

Photo


後日、先生から「これからもフラメンコで周りの方々とご自身を幸せにしてあげてください」とのメッセージをいただき、感激しました!
そう、私はフラメンコに関わっていると幸せです。でも、そんな私を見て幸せになってくださる方がいるとしたら、もっともっと幸せです!
とっても素敵な言葉をくださった先生、ありがとうございました!
これからもずっとお元気でいてくださいね。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年12月 »