« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月14日 (木)

感涙!

いよいよ2010年が始まりましたね。昨年もたくさんの方々に大変お世話になり、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて先日11日、新年早々素晴らしい舞台を見てきましたnotes

(社)現代舞踊協会が主催する「江口隆哉 河上鈴子 メモリアル・フェスタ」という公演で、1983年に制定された江口隆哉賞、そして1989年に制定された河上鈴子記念各賞を受賞された方々ご本人によるモダンダンスとスペイン舞踊による特別記念公演でした。

前半のモダンダンスは、肢体の美しさと表現力がとても感動的でした!テーマや踊りのスタイルは様々で、一度にこんなバラエティーに富んだ素敵な踊りの数々を見せていただいてありがとうございます♪という感じでした。

そして後半のフラメンコでは、一緒に行ってくださったフラメンコ仲間のEさんと、舞台に椅子やマイクやカホンが並べられる様子を見ているだけでワクワク感が抑えられず、「この会場の雰囲気でハレオ(掛け声)かけてもいいと思う?」「もしダメでも抑えられなかったらどうしよう。。。」などと、始まる前からハイテンション状態になっておりました。

というのも、出演者は、2000年に河上鈴子記念スペイン舞踊新人賞を受賞された中田佳代子さん、1997年に同賞を受賞された武田泉さんと片桐美恵さん、1999年に河上鈴子記念スペイン舞踊賞を受賞された小林伴子さん、1993年に同賞を受賞された山田恵子さん、1990年に同賞を受賞された小島章司さんというそうそうたる顔ぶれですから、テンション上げるなという方が無理な話で。。。

いや~、すごかった!それはそれは素晴らしい舞台でした!!たまたま駅の掲示板に貼ってあったポスターに気がついて電話で申し込み、並んだり抽選したりの苦労など全くなく手に入ったチケットなのに、こんな素晴らしい踊りが一度に見れていいの~?という感じでした。6人の方が1曲ずつ踊って1時間20分くらいだったと思いますが、舞台に引き込まれ、心を揺さぶられ、あっという間のひとときでした。

お一人お一人すばらしかった感想を書きたいのですが、きっと膨大な長さになってしまうので、心の中にしまって温めておきたいと思います。でもちょっとだけ。。。最後に踊られた小島章司先生(私は15年前小島先生の教室に通っておりました)の踊りは、15年ぶりに拝見しましたが、「ジーンときた」を通り越して、泣いておりました。先生は命を燃やして踊っている、と感じました。今思い出しても胸が熱くなります。

あんなふうに、普段は物静かでいて、それなのに自分の中にいつまでも絶えることなく、何かに対する情熱が燃え続けている人になりたいと思いました。

1年の始まりにこんな有り難いものを拝ませていただいたので、今年もいい1年になりそうですheart01

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »