« お披露目会 | トップページ | 更新が・・・ »

2008年3月 3日 (月)

でんでん子どもフェスタ

2月11日(月・祝)、NPO法人でんでん子ども応援隊(正式にNPO法人格を取得しました!)が主催する年1回の恒例イベントが行われました!

昨年はスタジオの開設1周年記念ということでダンスフェスタと銘打ち、ダンスの祭典を行ないましたが、今年からは子ども・子育て支援に的を絞り、午前中は北区における子育てを考えるシンポジウムを、午後は子どもや子育て支援に関する団体がブースを出して活動を紹介したり、舞台で発表をしたりしました!

我がフラメンコ教室FERIAも、託児クラスメンバーを中心に18名ほどで舞台に立たせていただきました♪

今まではいつも支えていただいてばかりだったので、今回は少しでも恩返しを、というつもりで私は踊らず、舞台スタッフとしてフェスタを支える役を担いました。着替えやメイク、移動などの指揮もアシスタントのNちゃんに全部任せてしまいましたが、もともと何も言わなくてもできる人ができない人を手伝う体制が自然とできていて、クラスが違ってもみんな仲良くまとまってくれるので、今回もNちゃんを中心にみんなしっかりやってくれました。(いつも手前味噌でスミマセン・・・(^^;))

Img_0033
そして今回は、子どもフェスタということで託児クラスの子どもたちにも一緒に踊ってもらおう!と思いつき、(実は昨年の忘年会でさっちゃんの生徒さんが親子で踊っていたのがとても微笑ましかったのでアイデアを拝借しちゃったのですが)託児クラスのレッスン時にお子さんも一緒に練習してフィナーレのルンバを一緒に踊ってもらいました!

最初のうちは恥ずかしがって、一緒に練習しよう☆と言っても端の方で固まっていたりしたのですが、子どもって本当にすごい!見ていないようでお母さんの普段の練習や私の教えぶりをちゃんと見ていて、最後のリハーサルでは足を踏み鳴らしノリノリでパルマを叩いてくれたり、たった1~2回しか練習していないのに踊りもしっかり身についていて、びっくりしました!きっとお母さんたちが普段から楽しくレッスンしている雰囲気が子どもたちにもちゃんと伝わっていて、だから自分たちも楽しく踊りたい!と思ってくれたんだと思います。

当日は、女の子には昔私が長女とそのお友達を集めて区民館で教えていた時に作って着せていた衣装を着てもらい、男の子はお母さんがそれぞれ見立てて用意してくれた衣装でパリッと決めてくれて、どちらも可愛かった~♪

ついでに、と言っては申し訳ないけれど、いつも託児のスタッフをやってくださっているNさん(シニア世代の方)にも、託児付きレッスンの後残ってもらってルンバの歌を覚えていただいて、舞台に立っていただいちゃいました!衣装はもちろんメイクや髪飾りも経験の長いメンバーに手伝ってもらってしっかりやってもらい、美しく変身した姿、素敵でした♪歌もパルマもまだまだ自信がないのに強引に(?!)引っ張り出してしまったので、すごく控えめに端っこの方で歌ってくださっていましたが、結果的には楽しんでくださったようなので、よかったです☆しかも夜なべをして、出演する子どもたちのためにビーズでチョーカーを4つも作ってくださって、感激でした!

いつも習っているお母さんだけではなくて、預けられている子どもたちや託児を担ってくださっているスタッフさんがお互いに支えあい、一つにまとまって作り上げた舞台、それは技術や完成度云々ではなくとても感動的でした♪きっと観ている方々にも、その楽しそうな様子や年齢を超えた心の絆を感じていただけたのではないかと思っています。

子どもフェスタ自体も午前午後共に大盛況で、NPO法人設立を記念する最初のすばらしいイベントとなりました!一人一人の小さな力を合わせることでこんなにも大きなことがすんなりとできてしまうんですね~。以前からでんでんでやり続けてきたことですが、今回はその規模も動員数も格段に大きくなっていて、本当に組織として動き始めたんだなあと感じました。

カルチャースペースμはでんでんから独立しましたが、私自身はでんでん子ども応援隊の監事としてこれからも関わっていきます。子どもたちもお母さんも、地域と共に生き生きと輝けるような活動を微力ながら支えていきたいと思っておりますので、NPO法人でんでん子ども応援隊へのご理解、ご支援もどうぞよろしくお願いいたします。

でんでんブログができましたので見てください!
http://blogs.yahoo.co.jp/dendenroom

|

« お披露目会 | トップページ | 更新が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お披露目会 | トップページ | 更新が・・・ »