« ちょっとだけ一段落☆ | トップページ | ☆発表会☆ »

2007年12月 1日 (土)

FARRUCAの取材

先日フラメンコのフリーペーパー「FARRUCA」のライターさんから託児クラスを取材したいという依頼が突然来てびっくり!

実は以前、「リトルママ」という子育て情報サイトのライターさんがうちの託児付きクラスの情報をネットで見つけてくださり、取材に来てくださったのですが、今度はその「リトルママ」の記事を見て「FARRUCA」のライターさんが問い合わせをしてくださったのだとか。そして子育て中でもフラメンコを踊りたい、という特集をするのでうちの託児クラスを取材させてほしいということでした。なんと有り難い!と興奮したのもつかの間、FARRUCAといえば結構フラメンコ関係者が読んでいるフリーペーパーで、いつも有名なプロの方の取材記事が載っていて・・・と考えたら恐ろしくなってきました。こんな私がそんなフラメンコ専門誌に載ってしまっていいのぉ~?と・・・

でもそんな心配をする私に、でんでん子ども応援隊(旧・子ども支援グループでんでん)代表の豊原さんや、タピピの北嶋さん、フラメンコ仲間のMちゃんは、皆一様に「そんな心配することないよ~☆自分の思いを飾らず素直に語ればいいんだから」と励ましてくれました♪

少し勇気づけられ、迎えた取材当日、まずはレッスン風景の写真を撮ったり生徒達にインタビューしたりという託児クラスの取材があり、レッスン後に私のインタビューがありました。託児クラスのことについてかいつまんで質問されて答えればいいのかと思いきや、フラメンコとの出会いから今に至るまでの紆余曲折を最初から全部聞かれたので聞かれるがままに話したら、長い長い・・・私の場合フラメンコ一筋でここまできたのではなく、そもそも大学時代第二外国語でスペイン語を習ったところからスペインとのつながりができたり、法学部を卒業して不動産会社に務めたもののバブル時代で女性は戦力とみなされず全くやりがいが感じられなかったところから何か趣味を、と思っていたところにたまたま目に付いた看板がフラメンコだった、とか、スペインに留学して帰国後はスペイン語を少しでも使える職場に、と放浪の民のように転職を繰り返したり、とか・・・とにかく山のような紆余曲折があってここまで生きてきたので、今の自分にたどりつくまでの経緯だけで1時間は話していました~(^^;)

それから更に1時間、生徒さんや教室に対する思いなどについて話していたら、自分のやっていること、やりたいことがすごく鮮明になってきました。つきつめると、私はフラメンコに出会ったおかげで素晴らしい仲間に出会ったり、生活に張り合いが出たり、と大げさではなく本当にフラメンコのおかげで人生が楽しくなったのです。苦境にもたくさん遭遇したけれど、そのたびに先生や仲間や、色々な方々に支えられ、応援してもらって成長してこれたのだと改めて感じました。そんなふうに付き合ってきたフラメンコなので、私はただ上手い踊り手を育てたいのではなくて、人生を楽しむために一生つきあえるフラメンコを教えたいんだと気づきました♪

それから私は踊り手として、講師としてはまだまだ未熟だけれど、人と比較して自分を卑下する必要はなく、自分が信じる道を進めばいいし、ありのままの私でいていいんだなと思うことができて、スーッと気が楽になりました♪

あと、話していて気が付いたのですが、私は講師としての考え方が自分の先生にすごく似ているんです。先生が私を育ててくださったように自分の生徒に接しているんだとわかりました。お人柄のすばらしい先生に出会えて本当に幸せだと思いました(^^)

どんな記事になるのでしょうか?ドキドキしますが、楽しみです(^^)

|

« ちょっとだけ一段落☆ | トップページ | ☆発表会☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとだけ一段落☆ | トップページ | ☆発表会☆ »