« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月 8日 (木)

ちょっとだけ一段落☆

10月の後半から11月はじめにかけても、いろんなイベントがありました♪

10月27日は、赤羽にて子育てイベントがあり、そこでママ達のフラメンコということで踊ってください☆と30分も踊る場を提供していただき、17名の生徒たちと共に踊ってきました~(^^)

当日は急に台風が発生し、ものすごい雨と風にもかかわらず、子連れの生徒たちも休むことなく全員参加、そしてお客様も赤ちゃん連れなのにたくさんいらしてくださいました!今回は音響や舞台の広さなど、あまり条件は良くなかったのですが、持ち時間はたっぷりあったので、今教えている曲全てを踊ってもらいました(^^)まだ全部振り付けが終わっていない曲もあったのですが、それは工夫して、オープニングに使ったり、切りのいいところで終わりにしたりして、全部で6曲、しかもフィナーレのルンバは客席の皆さんにも参加していただいて、盛りだくさんな舞台となりました♪今回も楽しかったですね~☆

うちの3女はまたセビジャーナスを踊りましたが、今回はジュニアの相棒Mちゃんが不参加だったので、舞台袖ではテンション低くて暗~くなってたらしいですが、舞台上ではそれなりに一生懸命踊ってたと思います。
しかし、出演後、一緒に連れて行った長女と次女と共に、イベント会場と同じ建物内にある温水プールに入ったとたん、どこにそんな元気を隠してたんだ!と思うほど楽しげな様子で、何十回もウオータースライダーの階段を上っては滑っておりました。(私は、夕方からレッスンが控えておりましたのでガラスの向こうから見学してました~(^^;))いつもはとても混んでいるという区民プールは台風のためガラガラで、ウオータースライダーは滑り放題♪いったい何十回滑ったでしょう(^^;)まだ8歳なので、私やまわりの仲間のようなフラメンコ中毒には程遠いようです。でも「辞めたい」と言わないだけいいかな☆

次の週、月曜は小学校の厚生委員の仕事で新年会の会場へ出向き、新年会メニューの試食&打ち合わせ。

火曜は午前中:東十条でレッスン、5:30~小岩でギター・カンテ合わせ(11月発表会用)、8:30~三ノ輪でギター・カンテ合わせ(12月の発表会用)がありました。

水曜は、スタジオμでキッズストリートダンス教室を主宰している麻未先生が行徳に託児所付きダンススタジオを仲間と共同で作ったのでそのお祝いに、NPO法人でんでん子ども応援隊(子ども支援グループでんでん改め)の代表である豊原さんと一緒に出かけました。とっても素敵な託児室は、ダンスを習う会員の方がお子さんを預けるだけでなく、買い物や外出のための託児もOKとのことで、子育て中のママにはとても嬉しい場所だと思いました♪麻未先生、ずっと温めていた夢がかなって、とても生き生きされていました。成功をお祈りしております。頑張ってくださいね!

木曜は午前中秋葉原のサークルへ教えに行き、夕方は3女のピアノレッスンの送り迎え。この日はエキストラの用事がなく、久しぶりの日常生活♪でちょっとのんびりできました(^^)

金曜は学校の役員の仕事で研究発表会のお手伝い。厚生委員長なので来賓の方へのお茶出しやらシンポジウムへの参加やらの様々なお役目で12時半から5時半まで。子どもたちは6時からのバトンのレッスンのため5時半にはバスに乗らないといけなかったので、学校から帰宅したらやること(軽食を取ることや身支度、持ち物など)の細かい指示を手紙に書いておきました。子どもたちは自分たちでおもちを焼いてお雑煮を作って食べ、支度をして2人でバスに乗って出かけたらしいです。(3女は1人でおばあちゃん宅へ行きました。)練習会場に着いた時次女が電話をくれて、何も問題なかったことを確認できたので、私は三ノ輪へ7時からのレッスンを受けに行きました。少し前まではこういう時おばあちゃんに頼まないといけなかったのに、子どもたちはいつの間にか成長したんだな~と頼もしくなりました。

土曜はバトンイベントのリハーサルに子どもたちを送って行った後、3時から東十条でレッスンを3コマ(計4時間)行ない、終了後急いで三ノ輪に移動し、夜9時から仲間と12月発表会のための自主練をしました。この日はさすがに疲れた~(^^;)

そして日曜、Rosyトワラーズが千代田区の文化祭に出演するのでその世話がありましたが、今回は子どもたちの集合時刻が1時半だったので、久しぶりに9時半までゆっくり寝て、髪型やメイクもいつもよりのんびり整えて出かけました。出演時刻は4時半から5時まで。Rosyトワラーズの演技は相変わらず素晴らしかったです♪ただ単にバトンが上手い、踊りが上手いだけじゃないのです。見ている人を魅了する表情・振り付け・フォーメーション・・・綺麗に揃って踊るだけじゃなくて、コミカルな動きもあり、またチームワークが良かったり仲間を信頼していたりするからこそできるような演技をするんですね~。だから見ている方は引き込まれ、笑顔になり、惜しみない拍手をしたくなる。涙が出るほど感動したステージでした!特に、笑顔が苦手の次女がすごく楽しそうにニコニコと踊っていたのが心を打ちました。ここまで来るのに色々あり、また一つ自分なりのハードルを乗り越えたようです♪いつもながら先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました~(涙)
しかしそんな感動の余韻を楽しむ間もなく、演技終了後私は速攻で取手に向かい、11月発表会の全体リハーサルに参加しました。自分の課題がまだまだ山のようにあることを再確認・・・(- -;)

芸術の秋なのですね~、なんで?っていうほど色々ありました。あまりに色々重なるのでとにかく1日1日の予定を把握し、時間に遅れないように移動するので頭がいっぱいの1週間でした・・・

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »