« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月17日 (水)

感動!

10月はイベント出演が3つあり、そのうち2つが終わりました。

6日はふるさと北区区民まつりに参加しました♪2年前にフラメンコ仲間3人で出演した時、屋外の広々した舞台が気持ちよく、お祭りの賑やかな雰囲気の中たくさんのお客様に喜んで観ていただき、温かいスタッフの方々に支えていただいて楽しかったのが印象的だったので、生徒達にこの経験をさせてあげたいな~と思い、今年また出演することにしました。

今回も、裏方でお祭りを支えてくださる方々はこのお祭りを成功させたいという気持ちに溢れていて、私達を温かく支えてくださって有り難かったです!イベントを企画、運営するという経験がある身としては、その大変さを知っているだけに、「裏方をやってくださる方がいる」「踊るだけでいい」というのは本当に有り難く、また生徒達が色々な舞台で気軽に踊ることができるというのも大きな魅力でした。

この日は私はバックでパルメーラ(手拍子を打つ人)を務めましたが、生徒達に何かあっても(振りを忘れてしまった人がいたりとか・・・)レッスンの時のように私が前に出て行って見本を見せてあげることなどもちろんできません。同じ舞台に立っていても、パルマでリズムを出し、ハレオ(掛け声)で応援するしかないのです。

でも、バックで応援していると、みんな一生懸命踊っている姿が感動的なんです。まったく私は親バカだと思うのですが、生徒達が振り付けを間違えたとか、移動する方向を間違えたとか、そんなことは全然気にならなくなってしまいます。多分正面から見ているより後ろから踊っている背中を見るほうが、一生懸命さがよくわかるんですね~。みんな頑張ってるな~と思うと、感動で涙が出そうになります。今回は14人もの子どもたちの親役だったので、感動も14人分です。まだ踊り始めて日が浅い生徒たちも、つたないながらも頑張っている姿が心を打ちました。

私の2人の師匠もいつも言っています。本番までの日々は細かいことにこだわってよりよい踊りにするために練習するものだけど、本番の舞台では間違いなんてない。観に来てくださる方、それまで支えてくださった方たちへの感謝を込めて一生懸命踊ればいいんだと。そして舞台で踊ることは人生という旅における一つの港のようなもので、そこにたどり着いて終わりではなく、そこからまた新たな目的地を見つけて再び旅に出るのだと。

それぞれ反省したり後悔したりはあると思いますが、それを「次はもっといい踊りにしよう」という意欲に変えてこれからも楽しいフラメンコ人生を歩んでもらいたいと思っています(^^)

さて、先週末の14日は、子ども支援グループでんでんで学習サポートのスタッフをしておられ、また英語サークルも主催なさっているIさんのご主人が、お住まいの団地の高齢者の集いでフラメンコを踊ってほしいと連絡をくださり、出演することになったのですが、感動に次ぐ感動のすばらしい1日でした!

Iさんのご主人は、以前私がでんでんのイベントでビン笛とコラボして踊ったのを観てくださったのがきっかけで、団地のイベントでフラメンコを踊ってほしいと思ってくださったそうで、実は去年もオファーいただいていたのですが、子供たちの運動会と重なってしまって実現せず、先日2年越しでやっと実現したのでした。

さて、何が感動だったかというと、まずはイベントスタッフの方々のおもてなしのすばらしさ!控室ではお茶やお菓子を次々に出してくださり、「鏡はもっと必要ですか?」と持ってきてくださったり、「控室は私達が責任を持って事故や盗難がないよう管理しますから、貴重品も安心して置いていってください」などなど、責任感が強くておもてなしの心に溢れたスタッフぶりに感動しました!

そして舞台では・・・80~100人入ると聞いていた会場がいっぱいになっており、後半になると立ち見も出ていました♪Iさんによると「若さ溢れる皆さんに誘惑されたのでしょう、今年は男性の観客が多かったです」とのことで、もしかしていつもは参加しない方も出てきてくれたのかな~、と嬉しく思いました♪

Pa142118
1曲目のセビジャーナスでは、「かわいい!」「きれいね~!」と嬉しい声が聞こえました。いつも下を向いてしまって笑顔で踊れないジュニアの2人には前日のレッスンで「フラメンコを見たいとお金を払ってわざわざ呼んでくださった人たちに喜んでもらえるよう、楽しそうに一生懸命踊らないといけないよ」と言っておいたところ、珍しく出番前に「3番の1番目と4番を教えて」と言って練習し、本番ではまだ笑顔が足りなかったけれど、いつもより一生懸命踊っていました(^^)

Pa142124
2曲目は、アシスタントのNちゃんが初のソロでブレリアを踊りました☆ずっと前から「ソロで踊らない?」と打診していたのですが、自信がないと躊躇していたNちゃん。今回は地元でもなければフラメンコ関係者もいない、そして観客のお年寄りはきっと温かく支えてくださるはず、初ソロにはもってこいだ!と思ってその機会を設定したところ、本当にその通りでした♪皆さんの温かいまなざしに励まされ、Nちゃんは立派にソロの舞台を飾ることができました☆いつもイベントで伴奏してくださるギターさん、カンテさんの支えも大きかったですね♪堂々としていて、いい踊りでしたよ♪初ソロ成功おめでとう!

Pa142144_3
そして3曲目は私のタンゴ・デ・マラガです。2曲目まででお客様が盛り上がっているのを感じたので、「いいぞ!と思うところでオレー!と掛け声をかけていただけるとより盛り上がって嬉しいです!」と話してから踊ったところ、みなさん随所で「オレー!」と大きな声を出してくださり、タンゴへの切り替わりの部分では拍手がすごくてギターの音が聞こえないほどでした♪おかげさまで私もとっても盛り上がって楽しく踊れました~☆

最後のルンバでは、観客の皆さんに参加していただき、一緒に踊りました!座っていらっしゃる方もみなさん踊ってくださって、本当に嬉しかったです♪Pa142155_2

今まで私が経験してきた舞台はどれも楽しかったですが、一体感・楽しさともに、今回の舞台が一番かもしれません(^^)立派な舞台上での発表会もいいですが、私は観てくださる方と一緒に盛り上がれるようなライブが大好きです!

会場を出るとき、お客様が「ありがとう!」「ありがとう!」と拍手で送り出してくださり、本当に感動しました!私はいつも、イベントに出かける時は観ている方に喜んでもらえるように一生懸命踊ろうという気持ちで行くのですが、踊り終わると、実はこちらが元気と喜びを与えてもらっているんだと感じます。幸せなことです♪ジュニアの子どもたちも、自分たちの踊りを喜んでもらえたんだと感じることができたと思います。今後の意識が少しは変わるかな?

次の舞台は27日、子育てネットワークのイベントで踊ります♪今度はどんな感動が待っているか楽しみです!

| | コメント (0)

2007年10月 4日 (木)

嵐の日々!

先週くらいから、また嵐のような日々がやってきました。

まずはリハーサルの嵐!10月はイベント出演が3つ、11月は柴田先生の教室の発表会、12月は小林先生の教室の発表会があるため、毎週のように何らかのリハーサルがあります。なかでも今週は特にすごくて週5回もあり、月曜は2つの発表会のリハーサルが同じ日に重なりました(^^;)

踊るのは同じ曲なのですが、持ち時間の関係で構成を変えなければならないため、果たして混同しないだろうか、緊張しました~。結果はまあ何とか気持ちを切り替え、流れを間違えることなくできて、ホッ!踊りはもちろんまだまだ踊りこみ不足で、課題は山積みですが。。。でも始まる前はどちらも気が重くて踊りたくな~い、って感じだったはずなのに、終わってみるとどちらもギターさん、カンテさんが自分を支えてくれようとしているという空気をすごく感じることができて、とっても楽しく踊れたのです♪そして現金なことにこれから当日までの日々がすごく楽しみになりました~☆やっぱり生伴奏で踊れるって楽しくて幸せですね!

そんな嵐の日々と同時に、衣装作りの嵐もやってきました(^^;)11月4日にバトンのイベント出演があるため、新しい衣装作りが始まったのですが、なんと三女も10月6日の北区まつりで新しい衣装を着たいと言うのです。。。いつも長女と次女と私の衣装作りばかりしているので、三女にもやってあげなきゃ、と思い作り始めたものの、とにかく色んな予定がどんどん入ってくるのでミシンをかける時間が取れないのです~。もっと時間があると思って甘く考えていたのと、選んだ布地の配色の関係で4段フリルになってしまったことで、ミシンをかけてもかけても進まない!

Vfsh0106
それでも予定通り北区まつりで着せてやりたいと(いや、早く一つ終わらせて次のやるべきことに進みたいと)、頑張りました~☆

今度はバトンの衣装が2人分。。。

ああ~何も考えず朝寝坊したりボーっとしたりできる日、1日でいいから誰か分けてください!

| | コメント (4)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »