« 母として、踊り手として | トップページ | アルハムブラ出演 »

2007年7月13日 (金)

娘達からの手紙

6月は、いつにも増してイベントが多くて忙しい1ヶ月でした!

9日:エルフラメンコでのミニ発表会、10日:お茶の子祭祭、16・17日:バトンコンテスト、20日:アルハムブラ出演。これだけ本番があるということは、それに伴うリハーサルや練習があるわけで(^^;)

そして7月になって一息つけるかと思いきや、1日にフラメンコ仲間のさっちゃんが教えている教室の発表会にフラメンコ愛好会「La Vidaの会」メンバーとして出演し、その日の夜には7月19日のアルハムブラ出演のためにガロティンの新しいアレンジを考えて練習、3日に合わせがあり、その週の土曜(7日)は子供たちが卒園した幼稚園の同窓会で、今年は三女の学年の保護者が企画運営の年にあたっていたので、三役だった私は準備から当日までバタバタしておりました。

そんなこんなで今週になってや~っと一息つけました(^^;)そしたら毎日眠くて眠くて。。。パソコンに向かってメールを書いたり、学校の保護者会に行って座って話を聞いたり、ちょっと動かずにいると自然と目が閉じていってしまいます。30代の頃はもう少し元気でこんなに眠くならなかった気がしますが。。。
ああ、体力落ちたな~。やっぱり確実に年をとってきてるな~。
と感じる今日この頃です。

そして頭の方も飽和状態らしく。。。レッスンに行くのに練習着を持っていかなかったり、アルハムブラの出演日を18日だとばかり思っていて、みんなに「18日来てね」と触れ回ってしまってから実は19日だとわかったり。。。
ああ、情けない!

昔はすごく完璧主義だったので、そんな自分が許せなかったり、そういうふうにならないように綿密に動いていたと記憶していますが、最近もう無理に頑張りすぎるのはやめようという気持ちになり、あ~ぼけてるな~と自分をそのまま受け入れるようになり、とっても神経質だった昔に比べると精神的にすごく楽になったみたいです♪(しかしこれも若くない証拠ですよね~**)

子供たちも手がかかる反面、頼れる部分もできてきて、私が出演や練習で夜遅くなる時などは、3人で留守番し、用意されたご飯を食べ、お風呂をわかして入り、布団を敷いて寝る、ということもできるようになりました♪おばあちゃんに預けるのが度重なった時などはたまにそうしてもらうのですが、そんな時には私が帰るとホワイトボードに私宛の手紙が書いてあって、「おかあさんおつかれさま」とか「今日はこんなことがありました」とか書いてくれていて、なかなか嬉しいものです(^^)

しかし何故か私宛の手紙は敬語で「お母さんお疲れ様でした。おやすみなさい。明日は**なのでよろしくお願いします」とか書いてあるのに、夫宛ての手紙には、「パパおつかれ!日曜日あそぼう。イエイ☆」な~んてフレンドリーな口調。この差はなんでしょう。。。

我が家における力関係の表れ?(^^;)

|

« 母として、踊り手として | トップページ | アルハムブラ出演 »

コメント

《脅かすつもりはないけれど…》でも前向きです。                     
体は確実に加齢に伴い衰えてるのに、まるで突然ふってわいたように『え?…もしかして年のせい?』と立ち止まる。度重なる度忘れ、すぐに出てこない人の名前、忘れないようにとメモした紙をどこに置いたかと探す…。緩やかな坂なのに息切れしてしまう…。そのうち足腰立たなくなる?いやいやそうはならないぞ!(><)だからこそ60歳近くなっても『今はまだ若い、10年後の私じゃ出来ないだろうから』と、フラメンコなんぞに精を出してる(10年後も同じ気持ちでいられたら最高だけど)。だがこれが実に豊かな人生を与えてくれる。美代子さんは私から見れば若いなんてもんじゃない!(^^)今しか出来ない事は今やるしかないよね。もっとも可愛い子供たちやご主人の理解に支えられて出来ることなんですけど…。私も家族に感謝してます。m(--)m(^^)V

投稿: エバユリ | 2007年7月15日 (日) 17時46分

エバユリさん!いつもコメントありがとうございます♪

そうそう!ちょっとしたことで「加齢?」と愕然とすること多いんです~(^^;)

でも、そうですよね!当たり前だけど10年後の自分よりは今の自分の方がずっと若くて体力も記憶力もある。もちろん10年前に比べたらずっと衰えてますが、今の自分が無理せずにできる範囲で、精一杯のことをすればいいんですよね?

私より年上でバリバリに踊ってらっしゃる方が身近にいると「自分も見習わなくちゃ」という気になって本当に心強いです。これからも一緒に高めあっていきましょう!よろしくお願いしま~す!

投稿: みよこ | 2007年7月16日 (月) 23時59分

私も名前と地名は忘れない人だったんですが、最近はころころ忘れます。でも、忘れられるようになったんだなと思います。「失敗しないように」ってがんばっている時ってしんどかったな~と思うのですよ。甲斐さんの仰るとおりで余裕ができたんですね。これぞオトナの極意です!

娘さんたちの手紙、可愛いねえ。
でもお母さんに敬語ってところが面白い。
お父さんとそうやってフランクに付き合えるのですから彼女達は将来いい旦那さん見つけられるね。太鼓判。

投稿: Mana | 2007年7月24日 (火) 11時55分

オトナの極意ですか~♪
そうだね~、何事も前向きに考えなくちゃね☆

娘達はいい旦那さん見つけられるかしら・・・
3人のうち1人すっごいイケ面好きがいて、外見がいいとすぐ惚れちゃうんだけど、大丈夫かしらん(^^;)
さて、この1人とは誰でしょう?

投稿: みよこ | 2007年7月26日 (木) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母として、踊り手として | トップページ | アルハムブラ出演 »