« Viva Madre! | トップページ | 母として、踊り手として »

2007年6月17日 (日)

嬉しいこと☆

先週、嬉しいことが2つありました♪一つは、油絵のモデルになったこと(^^)

と言っても画家さんのアトリエで何時間もポーズして・・・というのではありません。

去年の秋、ボランティアフラメンコグループ「La Vidaの会」からのお誘いを受け、生徒と共に荒川区のお祭りで踊らせていただいた時のこと。踊ったあと、舞台裏に「写真を撮らせてください!」という女性がいらっしゃいました。何でも、姪御さんがフラメンコを習っていて、私の衣装が彼女に似合いそうだから参考にしたいとおっしゃるのです。私は「お安い御用です」とポーズを決め、被写体になりました。

それから2ヵ月後くらいでしょうか、アルハムブラに出演した時、フラメンコ仲間のミヨさんに「私のおばさんが撮ってきた写真が甲斐さんだったのでびっくりしたよ~!」と言われ、私もびっくり☆ 「世界は狭いね~」なんて話をして終わったのですが、先日そのミヨさんから「おばさんがあの時の写真をもとに油絵を描いて展覧会に出展するので見に行ってあげて」とのお知らせをいただいたので更にびっくりしました!

自分の姿が油絵に・・・なんて光栄なことなんでしょう!

というわけで13日、展覧会に行ってきました!Vfsh0094_1

芳名帳に名前を書き、会場に入ってちょっと進んだところの奥にその絵が見えました。ちょっと離れていましたがすぐに私だとわかりました♪衣装が私のものなのでそれでわかるのはもちろんなのですが、遠くから見ても体型が見るからに「あ、私だ!」って感じだったのです。

それから近くに寄ってじっくり見せていただきましたが、すごくお上手で感動しました!写真は屋外で撮ったものでしたがその絵では私はスタジオのような室内にいました。タイトルは確か「出演の後で」だったと思います。ミヨさんの伯母様、素敵な絵を描いてくださってありがとうございました!

もう一つの嬉しいこと。それは、私よりずっと前からプロとして活躍されている大好きな踊り手マユミさんと先日スタジオでお会いした折、今習っているタンゴ・デ・マラガを何故かマユミさんにお見せすることになり、まだ人に見せる状態では全然ないのに、無謀にも踊ってしまいました(^^;)まだまだ未完成で自分の納得するようになんて全然踊れていないのですが、マユミさん、「いいね~、人から与えられた振りを踊ってるんじゃなく、甲斐さんが自分の踊りを踊ってるって感じるよ」と言ってくれたのです。嬉しかった~♪

その言葉を励みに、今後タンゴ・デ・マラガを発表する日に向けて練習頑張ります!

|

« Viva Madre! | トップページ | 母として、踊り手として »

コメント

こんな素敵なブログをお持ちだったのですね。

梅田先生に伺ってから随分、日にちが経ってしまいましたが、本日、仕事場のPCから初めて訪問させて
いただきました。(皆留守で今日は一人なんです!)
ロージーのHPもじっくり見れました。自宅のPCは古く読めない部分もあったりしたので、嬉しかったです。

油絵のモデルですって!素敵ですね~

甲斐さんのところは娘さんたちも揃って
舞台に立つ機会をもたれていて本当に
素晴らしいですことです。
お母様を見て娘さんたちも
きっと美しく成長していていかれることでしょう。
楽しみですね!!

また機会がありましたら、訪問させて
いただきます。

今後もどうぞ親子共々よろしくお願い致します。

投稿: みお母 | 2007年6月18日 (月) 12時28分

みお母さん、ご訪問&コメントありがとうございます!
先週末はお疲れ様でした!我が娘達もかなりの緊張感の中でありながらもスポットライトを浴びてキラキラと輝いていましたね(^^)
彼女達がこれからも舞台に立つことを選んでいくかどうかはわかりませんが(ちなみに私はもう病みつきなのでこの世界からは抜けられません(^^;))自分が輝ける場所を見つけて生き生きとした人生を歩んでいってくれたらと願っています。
これからもROSYはイベント目白押し☆楽しみですね♪こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: みよこ | 2007年6月19日 (火) 23時14分

メッセージようやく読めました!

今日は梅雨らしく雨。水不足は困るので
降る時にはしっかり降ってもらわないと
困りますけどね。

但し、練習には重ならないで欲しいです~(笑)。

7月のパレード楽しみです。パレードは
初体験になります。

ではまた練習時にお目にかかることを
楽しみにしています。


投稿: みお母 | 2007年6月25日 (月) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Viva Madre! | トップページ | 母として、踊り手として »