« 嬉しいこと☆ | トップページ | 娘達からの手紙 »

2007年6月29日 (金)

母として、踊り手として

6月16日、17日に娘達のバトンのコンテストがありました。

コンテストは、個人個人がそれぞれのレベルに応じた種目にエントリーし、一人ずつ審査員の前で演技をしてその種目で求められる技術レベルに達しているかどうか審査され、絶対評価で金賞、銀賞、銅賞のどれかをいただく大会です。

子ども達はプレッシャーと戦いながら技を磨き、親達は衣装作りや様々なサポートに励み、どちらも毎年ハラハラドキドキしながら当日を迎えるのです。そんな中、毎年色々なドラマが生まれるのですが、今年も波乱万丈、色々なことがありました。

昨年は次女が、技術的なハードルが自分自身にとっては高すぎてプレッシャーに耐えられなかったのか、大会直前に全身じんましんのような発疹にみまわれ棄権。8月に再挑戦したものの銀賞という結果に終わりました。そこで今年は同じ種目に再度取り組み、金賞を目指すことになりました。

1年たって去年より少し色々な面で成長したらしく、体調を崩すこともなく、元気に当日を迎えることができました。先生も「彼女なりによく頑張った」と言ってくださるほど、去年よりはずっと技術的に向上したいい演技ができるようになってはいました。しかし、それでも金賞はどうだろう・・・?という微妙なラインでした。

昨年は長女と次女が同じ種目での出場だったのですが、今回は別々の種目にエントリーしていたので、2日間千葉の会場に通うことになりました。最初は2日間も・・・と思いましたが、考えてみると2人同時に髪型やメイクなどのしたくをするのは結構時間と手間がかかり、集合時間が早い時は本当に大変なので、1日1人ずつの世話でいいのはかなり楽でした♪いつも「2人分の世話大変ね~」と言われてはいましたが、私の場合最初から2人だったので実際1人と2人でこんなにも違うとは思っていませんでした。いや~、ホント楽でした(^^)

1日目、長女のコンテストはいともあっさり終わってしまいました。朝の集合もわりと遅く、会場も例年のようにごった返して皆戦々恐々とするということもなく、色んな意味で余裕がありました。そして開会式が終わるとすぐ長女のエントリー種目が始まったので、ハラハラドキドキする間もなく終わったという感じでした。次女に比べると技が出来なくて苦労している様子があまりなかったせいでしょうか、いや、どちらかというと次女の心配があまりに大きくて、長女の心配をする余裕がなかったというほうが正解だと思います。おかげさまで金賞をもらえたのですが、長女だって新しい種目に挑戦してすごく頑張ったはずなので、もっと大きく喜びを表現してあげたほうがよかったかな・・・とあとで反省。

そして2日目はいよいよ次女のコンテストです。朝弱い私にとっては決死の覚悟で5時に起き、朝8時には会場に着きました。メイクを済ませた後は先生にお任せし、親は自分の席で子どもの順番が来るのを待ちます。着替え、ストレッチ、練習、チェックイン、ウオーミングアップエリアでの練習が終わると、自分のコートに入り、演技をします。

やはり長女の時とは違い、審査員の先生の前に立った時から私もドキドキしていました。曲が始まってすぐにミスしそうになりましたが何とかこらえ、その後ペースを崩すかと心配しましたが落ち着いて演技して後半までいきました。しかし最後の最後で苦手だったところをやはり失敗し、バトンを落としてしまいました。それを物ともせず最後まで演技すればよかったのですが、曲の終わりに合わせようとして技を一つはしょって演技を終えてしまいました。先生は「曲が終わっててもいいから最後まで演技すればよかったのに~!でないと2つミスしたことになってしまう」と心配顔。私も、これでまた銀だったらすっかり自信をなくしてしまうのでは・・・とハラハラしました。

審査員の先生のジャッジシートを受け取り、賞を授与するテーブルでそれを見せ、ジャッジに応じた賞の賞状とメダルをもらって選手席に戻ってきます。その次女の顔は・・・ニッコニコ☆そう、金賞をもらえたのです!!「やったね!よかったね!」と思わず次女の手をとってお互い満面の笑みで喜び合いました♪
あ~~~!本当によかった!!先生も「今回本人なりにではあるけど本当に頑張ったので金メダルのご褒美が何としても欲しかった☆本当によかった!」と一緒に喜んでくださいました!先生方、そして彼女を色々な面から支えてくださったお友達やお母さん方、本当にありがとうございました!今回金賞をいただけたおかげで、次女はだいぶやる気になり、「強化クラスに入る練習しようかな~」なんて今まで聞いたことのないセリフを言うようになりました♪

ところで、この日私は選手席で子どもたちの点呼やちょっとしたお世話のお手伝いをしたのですが、自分の子以外のことでも色々と感動させられました。コンテスト初めての子たちは、とても緊張して落ち着かない様子でした。「私だけ銀だったらどうしよう・・・」と不安な気持ちをぶつけてくる子もいました。「いつもの練習の時と同じように落ち着いてやれば大丈夫だよ」と声をかけると「うん、わかった」と素直にうなずき、フロアへと出ていきました。そしてそれぞれ頑張って金メダルをもらって帰って来た時の嬉しそうな表情!私も本当に嬉しくなって、「よかったね~!おめでとう!」と一緒に喜びました。

それから2日目最後には選手権というのがあって、審査の点数が高い順に準決勝・決勝へと勝ち残っていき、最終的に順位がつけられるというものなのですが、今回初めてROSYから2人の選手が出場しました!世界選手権に出場する選手たちがゴロゴロいる中で、さぞかし緊張したことだろうと思いますが、そんな状況でもいつもと同じかそれ以上の力を出して堂々と立派に演技していたのには本当に感動しました。順位としての華々しい結果は出ませんでしたが、私はそんなものは問題ではないと心から思い、胸を熱くしました。日々休むことなく、誰のためでもなく自分自身のためにコツコツと練習を重ねてきた結果、見ている人に感動を与える演技ができたのだと思います。すばらしかったです!

人に勝つためではなく、人に喜びを与える演技を目指し常々努力しているROSYトワラーズに娘達が所属し、素敵なお姉さん達と一緒に活動できることは母としてだけでなく、1人の踊り手としてとても誇らしいことだと改めて思った週末でした♪

|

« 嬉しいこと☆ | トップページ | 娘達からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉しいこと☆ | トップページ | 娘達からの手紙 »