« アルハムブラ-ソロ出演♪ | トップページ | フラメンコの夕べin日暮里 »

2007年1月29日 (月)

USAナショナルズ~リージョナル大会

1月28日(日)、長女と次女が入っているバトンチームがUSAナショナルズというチアダンスの大会に出場しました☆

去年までは、エントリーすれば3月の幕張メッセでの予選大会に出場できたのですが、今年はチアダンス流行りのせいか、エントリーチームが急激に増えたため、幕張メッセで3月24日に行なわれる予選大会に出場するための予選会を日本各地で行なうことになったらしく、去年より2ヶ月も早く大会に臨んだのでした。

去年は、予選大会で24チーム中8チームに残り、次の日の決勝大会でなんと優勝してしまったため、子どもたちも親たちも、「予選はきっと一位で通過するだろう」という気持ちだったと思います。しかしエントリー種目のジュニア部門(小学生以下編成)ではこの東京予選会だけで21団体も出場していて、しかも今までの大会で「いい演技だったな~」と印象に残っている団体が何チームも出場していたので、「きっとROSYなら大丈夫」と思う反面、「チャンピオンの座を防衛できるか」というプレッシャーも共存していました。

そして実際、演技を見終わった時、正直言って「大丈夫かな」と不安が増してしまいました。というのも、私は観客席の一番後ろ、つまり一番高いところから見ていたため、垂直方向の演技の効果(投げ技など)をあまり感じることができず、また、衣装のキラキラが足りなくて地味じゃない?と思ってしまったのです。後で私達より下で見ていた夫にそれを言ったら、「そんな衣装で左右されるようなレベルじゃなかった、明らかに群を抜いて良かったぞ」と言ってました。まあ上で見ていたことは仕方ないとしても、キラキラの件はヤバイです。最近お母さん仲間で話しているのですが、いつもラメやラインストーンをふんだんに使った衣装を見慣れてしまったため、自分の洋服を買う時にもキラキラした飾りがついているのを見ると惹かれてしまうし、衣装ももっとキラキラしてないと!と思ってしまうのです。つまりキラキラに麻痺してしまっているのですね~。今回の衣装、とっても可愛いんですよ。足が長~く見えるよう工夫してあるのでバービー人形みたいで♪でも、演技が終わった途端、隣のお母さんと「背番号をスパンブレードで縁取りしたほうがよかったんじゃない?」とか、「ソックスやスカートの縁にもキラキラが付いてたほうが良くない?」とか言い合って、不安に陥っていました(^^;)みんな麻痺してます・・・

そんなこともあって、予選通過できるだろうか、上位で通過するだろうか、本当にドキドキしました。なので、結果発表で、予選一位通過!と知らされた時は、去年の本選で「ROSY優勝!」と発表された時に匹敵する喜びようでした!

子どもたちはとてもチームワーク良く、短い期間ながら集中して練習に励みました。先生の振り付けや構成は相変わらず素晴らしく、指導は厳しいもののちゃんと一人一人を認めてくださって、子どもたちのやる気を引き出してくださいました。いつもながらROSYトワラーズには脱帽!です。

今回は見た場所が悪くて、ROSYの演技を堪能することができず残念でしたが、3月24日、25日の2日間、幕張の素晴らしい舞台で鳥肌が立つような演技を見て涙するのを楽しみにしています。

先生方、子どもたち、いつも感動をありがとう!

|

« アルハムブラ-ソロ出演♪ | トップページ | フラメンコの夕べin日暮里 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルハムブラ-ソロ出演♪ | トップページ | フラメンコの夕べin日暮里 »