« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月27日 (月)

元気です♪

最近このブログを読んでくださってる方が増えたようで、「貧血大丈夫?」と多くの方が心配してくださいました。有り難いことです。

でもおかげさまで、増血剤を飲み始めたら急に具合がよくなりました。皆さんご心配ありがとうございました。

私はもともと薬が効きやすい体質ですが、それにしてもこんなに具合が良くなったのには驚いています。今まで、立ちくらみは日常茶飯事だし階段を上がると息が上がってしまって辛かったのですが、それがどんどん改善されていく上、目覚めはいいし気力は充実するしで言うことなし!なのです。

逆に、今までいかに具合が悪かったのかを実感しました。。。どこか痛いとか熱があるとか、そういうことがあったらすぐ病院に行くのですが、何となく具合が悪い、というのはつい病院に行くのが億劫で騙し騙し過ごしてしまってダメですね。。。もう若くないので、それをちゃんと自分で認識して早め早めに体のメンテナンスをしていかないといけないな~と思いました。

友人には、鉄剤は効くけどそれに頼ってしまうとそのうち体が怠けて血を作ろうとしなくなってしまうから、薬を飲むのは必要最低限にして、なるべく食べ物で栄養補給しないとね、とアドバイスされました。あ~、本当にそうですね。でもレバーとかニラとか小松菜とかは好きだし積極的に摂っていたんですけどね~。

そしたら、先日驚きの事実を知ってしまいました。あるフラメンコ雑誌を見ていたら、「足を強く踏み鳴らしたりするフラメンコは、その衝撃で赤血球が壊れやすいので鉄分の補給が必要不可欠です。」というのです!ただでさえ貧血になりやすい体質なのに、フラメンコによってそれを助長していたなんて!う~ん。。。

でも、「貧血改善のためにフラメンコをやめなさい」とお医者さんに言われても、それだけはできません!私の知り合いが、「病気を治したいならお酒もたばこもやめなさい」と言われた時に、「たとえそれで死んだとしても自分の楽しみが奪われるくらいなら治らなくてもいい」と言っていたのを思い出しました。その方は、お酒とたばこが生きがい、というくらい本当に好きな方だったので、私はそれでいいと思いました。楽しみが奪われたら生きる気力自体がなくなってしまいますものね。

まあそんなわけでこれからは踊るための炭水化物、髪の毛のためのたんぱく質とアミノ酸、それに貧血のための鉄分を重点的に摂らないといけないことがわかりました☆それって要するに全ての栄養素をバランス良く、っていうことですよね(^^;)でもたぶんあまり偏った食生活はしてないと思うので、あとの課題は睡眠かな?今、だいたい夜1時に寝て朝7時に起きているので、睡眠時間はさほど短くありません。たぶん眠りの質が良くないのでしょう。10時から2時の間は、体の再生のために一番眠っていなければならない時間と言われているのは知っているのですがなかなかできないのです。。。でも身体のために、同じ睡眠時間でも11時に寝て5時に起き、今まで夜にしていた作業を早朝に行なうようにしたほうがいいのでしょうね。

そういえばずっと前にゆぴーが体質改善(?だったかな?)のために早寝早起きの生活に切り替えたと言ってました。彼女はそれからずっとその習慣を維持し、食生活にもとっても気を配っています。えらいな~。。。

う~ん、果たして私にできるかな。。。(--;)

| | コメント (3)

2006年11月23日 (木)

ショック!

今日、盗難に遭いました。。。

盗られたのは。。。自転車のカゴに付ける盗難防止用ネットです(^^;)

このところ貧血症状が深刻なので、ちょっと病院で検査してもらおうと自転車で出かけ、病院の前に駐輪しておいたのですが、帰りに自転車に乗ろうとしたら、前カゴにも後カゴにも、ネットがないんです。落ちたのでは?と周りを見渡しても、ありません。盗られたと思うしかないのです。

しかし、あんなものを盗む人なんているのでしょうか?ネットが欲しいから、ではなく嫌がらせですかね?何というか、嫌な世の中になったものです。

私がまだ学生の頃は、日本は世界一安全な国と言われていました。警察も世界一で解決できない事件はない、って感じでした。殺伐とした嫌なニュースなんてほとんどなくて、平和だね~って言っていた時代、懐かしいです。あまりに平和なので、海外旅行に行くと荷物を置いて平気でその場を離れてしまって置き引きに遭ってしまう、なんていう人がたくさんいたらしいです。つまり日本国内では置き引きの心配なんてなかったってことです。

でもたった20年くらいの間に、日本はすっかり変わってしまいましたね。。。犯罪が多いこともそうですが、警察も信用できない世の中ですもんね。悲しいです。

ネットがないとカゴに乗せた荷物が盗られてしまうので、早速100円ショップで2個購入しました。まあ被害がこの程度で済んでよかった、と思うことにします。

ところで病院の検査の方は、まだはっきりしたことはわからず、とりあえず貧血を改善するための増血剤をもらってきました。様々な症状からみると、子宮筋腫の可能性があるとのことで、来月内視鏡検査をします。体が丈夫なのが取り得なので、ただの貧血だと信じていますが、もし何か病気が見つかったら早めに治療しないと、と思います。体が商売道具ですから大事にしないといけませんよね。

というような予期せぬ出来事が色々あったせいで、今日小学校の校庭開放の当番になっていたことをすっかり忘れ、思い出したのは夜8時過ぎでした(@o@;)何でも完璧にやらないと気が済まず、馬鹿がつくほど真面目な性格だったので、こんなこと今まであり得ないことでした。しかし忙しいせいか年をとったせいか、だいぶ抜けてきたようです。少し抜けてるくらいの方がいい場合も多いのですが、今日の失敗には青くなりました。急いでお当番のチーフの方に電話をかけ、平謝り。。。m(ーー)m

あ~あ、明日はいいことあるかな~。。。

| | コメント (2)

2006年11月18日 (土)

エスペランサ報告

11月17日(金)、高円寺のタブラオ(フラメンコのライブハウス)、カサ・デ・エスペランサに出演してきました♪

いや~、今回も楽しかった!正確に言うと、結果的に楽しかった、です。

ソロのガロティンは、地域のお祭りの舞台などで今年何度も踊っていたので、それについての不安はあまりなかったのですが、1部最後のブレリアが実はとっても不安でした。というのも出演が決まったのが10日前くらいで、1週間前の合わせの時にブレリアも踊るというのがわかり、それから急遽振りを考えたので要するに踊りこみ不足だったのです。

振り付けも、自分で考えた(というかずっと前に踊った振りなどの部分部分をつぎはぎして苦肉の策で組み立てた)ものには全然自信がなく、先生にお願いして前日の夕方お時間をとっていただき、修正を加えていただきました。

なので実質的には金曜当日、午前中の託児クラスの後に1時間ほど踊りこんだだけなのでした。それからバタバタと家に帰り、おにぎりを食べて急いで小学校へ行き、子どもたちの音楽発表会を見て、慌しく高円寺へ向かいました。

5時半からのリハで一通り全部の曲を通して踊れたのはよかったのですが、なんとブレリアの時、途中で真っ白になってしまい、もう一度最初からやり直させていただくという失敗をしてしまいました。性格上アドリブとかノリで適当に、というのができないので、前もって周到に準備しておかないとダメなんだと改めて実感(--;)

もうそれで急に不安になってしまい、本番まで気が気ではありませんでした。おかげで、このブログに載せるために写真を撮ってもらおうと珍しくカメラを持って行ったのにカメラを持っていることすら忘れ、せっかく永潟さんが素敵なカンテで盛り上げてくださったのに音を録ってもらうのも忘れ、とにかくブレリアを間違えずに踊ることにしか頭が回っていませんでした。。。あ~、自己嫌悪。

まあそんな色々がありましたがとりあえずメインのガロティンは無事に踊りきり、問題のブレリアもどうにか間違えずに踊れました。楽しかったことは楽しかったです!でも何だか頭の中が変な緊張感でいっぱいで、ギターの音に身を任せ、カンテの歌声に浸って気持ちよく泳ぐように踊ることはできませんでした。後ろで先生が一緒にガロティンを歌ってくださっていたり仲間がハレオで応援してくれたりしていたのも耳には入っていたのでしょうが心で感じる余裕が全くなく、非常に残念でした。あ~、やっぱり踊りこみって大切ですね。。。

でも自分の踊りが終わって2部になったら急に安心して気楽になって、もうはじけちゃいました!1部に出演した3人で2階席の一番前に陣取り、ハレオかけまくりで2部の皆さんの踊りを堪能しました。タンゴ・デ・マラガのエバさんのお仲間がたくさん観にいらしていて、こちらもすごい盛り上がりでハレオの嵐!舞台上のギター、カンテ、バイレも乗り乗りになり、最高の舞台でした!会場全体が一体となって盛り上がるってすごいです☆舞台上の方々も楽しそうでしたが観客の私達も本当に楽しかったです!!

終わった後、客席の皆さんにご挨拶しましたが、ガロティンの衣装がとっても良かったと褒められ、最後にちょっと嬉しくなりました♪衣装に合わせてタピピの北嶋さんが赤のコルドベスを貸してくださったり、たまたま前から注文していた赤のシューズも当日に間に合うように急いで手配してくれたりしたおかげで本当に評判よかったです♪北嶋さん、ありがとうございました!

お客さんが少ないかも、という前情報を知り、応援に来てくださった先輩方にも本当に感謝です!もちろん、エスペランサ出演というこの有り難い機会を与えてくださった先生には、何よりも感謝しております。それなのに先生は、「いつもご家族にお子さんを預かってもらったり、協力させてしまって。。。私の分もありがとうございますってお伝えくださいね」っていつも言ってくださるんです。(涙)北嶋さんにお世話になったこともご自分のことのように喜んでくださって、年齢は私とあまり変わらないのですがお母さんのように温かい心遣いをしてくださる先生で、私は本当に幸せだと思います。

ところで、楽屋の中で、いつものようにワイワイ、キャピキャピしていたら、先生が「みんな本当に仲がいいわよね~」と感心なさってました(^^)以前から上級クラスのメンバーは、変ないざこざもなくてみんなお互いを認め合い、純粋にフラメンコの上達のために力を注ぐとてもいい雰囲気でありましたが、最近は更に仲良くなったみたいです。やっぱり舞台に立つ機会が増えて、互いに協力したり応援しあったりするのが大きいんですかね~♪なんか文化祭で盛り上がるみたいな感じで、とっても楽しいです!一緒に高めあっていく仲間がいるっていいですね☆

| | コメント (0)

2006年11月14日 (火)

イメチェン☆

パーマをかけました♪

先月アルハンブラに出演させていただいた時、ソロで出演された相田瑞穂さんがとっても素敵な方で、髪型もとってもフラメンカで素敵だったのです。こんなミーハーな行動、久しぶりですが、今週金曜にライブ出演もあることだし、と奮起して美容院へ行きました。

パーマをかけるくらいで何で奮起?と思われるかもしれませんが、最近の流行でパーマといえば大~きいウエーブが主流で、カーリーとかソバージュとかいう言葉はもうほとんど聞かなくなりましたよね。私も今まで何度もパーマをかけましたが、「職業柄強くかけてほしいんです」といくら言ってもフラメンコらしい細かいカールにはしてもらえませんでした。

で、今回は絶対に相田さんのようにするぞ~と意気込んで、家にあるフラメンコ雑誌を全部引っ張り出してはめくり、理想の髪型の写真はないものかと探しました。そしてついに、スペイン人の「これだ!」という写真が載っているページを見つけ、それを持って美容院へと行ったのです。

案の定、写真を見せると、「かなり細かいカールですよ」「こんなに根元から巻いちゃっていいんですか?」「すごいボリュームが出ますけど。。。」と心配されましたが、「いいんです!」ときっぱり☆最初は不安そうな美容師さんでしたが写真という見本があったので、見事私のイメージ通りのカールを作ってくれました!やっぱり写真を持って行って大正解でした♪言葉でいくら説明しても、お互いに抱いているイメージが違っていたら満足のいく髪型にはならないですからね。長くて多い髪の毛を苦労して丁寧に細かく巻いてくれた美容師さん、ありがとう!

というわけで大満足の髪型になって、毎日嬉しくて仕方ありません。フラメンコ仲間にも「いいね~!」と言われ、嬉し~い♪

ただ一つ、がっかりしたことがありました。それは、思ったほどボリュームが出なかったことです。今回の出来上がりは完璧なボリュームでした。なら何故?それは、もっと若い頃の私は髪の毛が多くて太くて美容師さん泣かせだったんです。もしその頃今の髪型をしていたら、「爆発したの?」っていうくらい収集のつかないボリュームになってしまっていたでしょう。でも今回はそうならなかった。ということは。。。年をとった、ってことです(T-T)

よく、年をとると髪がやせてボリュームがなくなる、と言いますが、私の髪は本当に多くて多くて辟易していたので、髪がやせて悲しむなんてこととは無縁だと思っていたのです。もちろん今のボリュームで十分なんですけど、何というか、年をとったというのを実感してしまったのが悲しかったのかもしれません。

「40になると急にくるからね~、気を付けたほうがいいよ」と40歳の誕生日に姉からお祝いメールをもらっても「私は大丈夫。フラメンコもやってるし」なんて軽く考えてました。気持ちの上では20代の頃とちっとも変わっていない気がしているんですね。。。「40にはとても見えない」とよく言われるし。でも髪の毛だけにとどまらず、実はそうではないってことをたくさん気づかされる今日この頃なのです。

若い頃に戻りたいとは決して思いません。今とても充実していて楽しい毎日なので。でも現実的に40歳は40歳だと認めなくてはならないみたいです。そういえば最近新しい振りの覚えも悪いなぁ。。。

そんな悲喜こもごもな出来事でしたが、差し引きしても「新しい髪形の成功」の勝ち!です☆金曜日のライブは新しい髪形に新しい衣装で出演♪楽しみ!

| | コメント (2)

2006年11月 6日 (月)

転向!?

三女が、しばらくバトンを休会することになりました。

先日のよみうりランドのステージで、うちの三人娘の中でいちばん楽しそうにニコニコ笑顔で踊っていた三女が、意外にもきっぱりと「辞める」と言い出したのです。きっかけは、3月に行なわれるUSAナショナルズというチアダンスの大会に出演するための参加申込書を書く時、もちろん出演したいのだろうと思いながら一応確認のため「USA出るよね?」と軽く聞いてみたところ、「出たくない」と言ったのです。

三女は、もともとお姉ちゃん二人がバトンを習う姿を見ていながらも自分はやりたくないと言っていたのですが、去年の夏、可愛いお花を手具にしたダンスを練習し始めた時に、そのお花欲しさに「バトンやる!」と宣言してメンバーの一員になったのでした。それから1年ちょっと経ち、よみうりランドのステージでは「去年に比べたらすごい成長だね~♪」とCクラスのお母さん方と喜び合っていたのですが。。。

彼女の決意は非常に固く、何を言っても「辞める」「出ない」の一点張り。(^^;)唯一「合宿だけは行きたい」と言うのですが、合宿が楽しいというだけではこれからの厳しい練習を乗り越えていくことはできないでしょう。

私はROSYトワラーズの活動や練習を見てきて、体と精神の強さが養えて、信頼し協力しあえる仲間ができる素晴らしい習い事だと思っているので、できれば3人とも長く続けて欲しいと希望しています。しかしこれまでの三女は、バトンの技を身につけるのに苦労し、Cクラスの中でもまわりに遅れないようについていくのがやっとでした。先生曰く練習は楽しそうに参加していたらしいのですが。。。色々と考えてみると、要するにROSYの仲間やダンスは好きだけど色々なバトンの技ができるようになることにはあまり興味がなかったのかもしれません。

そこで、やる気がないまま今までより厳しい練習に参加していたらきっとバトンが嫌いになってしまう、と思ったので、ものすごく惜しいと思いながらも休会させることを決断したのでした。

Cクラスのお母さん方から、「USAどうします?」と聞かれた時は「練習は大変だけど子どもがすごい成長するからもちろん参加させます!」と当たり前のように答えていましたが。。。こんなことになるとは想像だにしていませんでした。Cクラスのお母さん方、ごめんなさい。そして、今まで熱心に教えてくださった先生方、本当に申し訳ありません。

でも、一度離れた後に自分からまたバトンをやりたいという気持ちになった時にはきっと今よりもっと楽しめるし技もどんどん習得できると思うので、そんな気持ちになるのを待ちたいと思います。

そしたら先日、突然「フラメンコがやりたい」と言い出したのでこれまたびっくり!今までそんなこと言ったことなかったのです。何故やりたいと思ったのか、果たしてどこまで本気なのか、全然わかりませんが、体を動かすことはいいことだし、先生=母だと始めるのも辞めるのも気軽なのでまあやらせてみようかなと思ってジュニアクラスの体験を受けさせました。ヒールの高い靴は疲れるし、中学生のお姉さんと一緒に1時間半のレッスンを受けるのはさすがに無理で1時間で切り上げましたが、「やっぱりもういい」とは言わずまた来週もレッスンに来るらしいのでまあどうなるか見守ってみたいと思っています。

ママさんクラスの生徒さんに「跡継ぎですね♪」と言われましたが。。。果たしてどうなるでしょう?あまり期待しないよう、そして他の生徒さんに接するように優しく教えることができるかどうか、が私の大きな課題です☆

| | コメント (2)

2006年11月 5日 (日)

暇なはずが。。。

11月になりましたね~。

10月の喧騒が終わって、11月は学校行事も、バトンのイベントも、フラメンコの舞台もない、久しぶりに暇な1ヶ月だ~♪と喜んでいました。10月31日までは。

だから柴田先生のレッスンも多くして、タンゴ・デ・マラガをじっくり学ぼう、そして来年3月のでんでんダンスフェスタに向けてのミーティングや準備にじっくり取り組もう、と思っていたのに。。。なんと11月1日になって、小林先生から「11月17日(水)のカサ・デ・エスペランサのライブに出演する人が1人出られなくなってしまったので出てもらえる?」とのご連絡が☆そりゃ~タブラオのライブにソロで踊れるとあらばもちろん出たいですから、リハの日とライブ当日の子どもの面倒は実家と主人に頼み、小林先生には「是非お願いします」とお返事しました。

というわけで、暇だと思ったのもつかの間、通常のタイムスケジュールの中にリハとライブの予定が入り、さらに自主練のための時間がだいぶ増えることになったのです。演目は、今年何度も踊っているガロティンなので、他の曲よりは踊りやすいのですが、いつもイベントで踊る時には7分位に縮めたバージョンで踊っているため、今回省略せずフルに10分間踊るバージョンをやるとなるといつも踊らない部分をちゃんと踊りこんでおかないといけません。よりによってその部分が一番苦手な部分だったりするので、妙に緊張してしまいます。

でもね、先週幼稚園の35周年の祝賀会後にCちゃんとタピピに行った時、なんとスペイン製の最新流行の衣装に出会ってしまい、運命を感じてゲットしちゃったんですが、考えたらガロティンにぴったりの衣装♪で、もちろん17日に着ることにしました!ただマーメイドタイプでファルダをあまり掴めないので、少し振りを変えなければいけないんですが、でも新しい衣装で踊るのはウキウキワクワクします♪

今日レッスンの後に衣装を着て練習してみましたが、やっぱりスペイン製の衣装は止まっても動いてもシルエットが綺麗で、一味違う!って感じです(^^)嬉し~~い♪

踊りこみはもっともっとしなきゃダメなんですが、でも楽しみが大きいのでやりがいがあります。

もしお暇な方がいらしたら、高円寺まで是非観にいらしてください!軽食、ドリンク飲み放題とショーチャージ込みで5,500円とアルハンブラに比べたらちょっと高いですが、2部制入れ替えなしで見ごたえはありますよ☆前もって言ってくだされば500円の割引券を差し上げますので(^^)お声をおかけくださいね!

それにしても舞台に立つ機会、本当に増えました!嬉しい悲鳴ってこのことですね。先生や仲間達に感謝感謝の毎日です☆

| | コメント (0)

2006年11月 1日 (水)

レッスンスケジュール

レッスンスケジュールとクラス案内 (2006年11月現在)

「カラコレス」:気軽にフラメンコを楽しみたい方のためのクラス。シューズやスカートがなくても始められます♪ 1時間x月4回 6,000円 

  火曜 10:00~11:00(ファンダンゴ・デ・ウエルバ)

  土曜 18:30~19:30(ファンダンゴ・デ・ウエルバ)

「ルナーレス」:基礎からしっかり身につけたい方のためのクラス。サパテアード(靴の音でリズムを刻むこと)やカスタネット、身体の使い方から丁寧にお教えします。 1時間半x月4回 10,000円(ジュニアは8,000円)

  土曜 17:00~18:30(セビジャーナス&ファンダンゴ・デ・ウエルバ)

「ルナーレス・託児付きクラス」:小さいお子さんを連れて参加できるクラス。会員の方が交代でお子さんの面倒をみるシステム。 チケット制 4回 8,000円

  金曜 10:00~11:30(中級:10:00~11:00 ブレリア

                                    初級:10:30~11:30 セビジャーナス)

*この他、子ども支援グループでんでんの会員になっていただき、年会費5,000円を納めていただきます。

| | コメント (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »