« フラメンコな季節 | トップページ | ROSYトワラーズ3 »

2006年8月23日 (水)

産みの苦しみ

今、新しい振り付けに頭を悩ませています。

実は今年、娘達が卒園した幼稚園が創立35周年のお祝いをするのですが、その祝賀会でOBとしてフラメンコを踊ってください、とのお話があり、3人がとてもお世話になった幼稚園ですので、喜んでお引き受けしたというわけです。

しかし、ただのフラメンコではありません。というのは、昨年幼稚園での夏休みお楽しみ会でビン笛合奏団「Laマーズ」をお呼びし、子どもたちにビンの素晴らしい音色を聞いてもらったのですが、その時せっかくだからと以前コラボさせていただいた「リベルタンゴ」を踊らせてもらいました。そういう経緯で、今回この曲を踊ります。でも、リベルタンゴはフラメンコの曲ではありません。しかも、今回の伴奏は次女と三女の担任だったY先生のピアノ、そして私と同じOB保護者のWさんのマンドリンとOさんのフルートなのです。

Y先生が各パートの譜面を起こしてくださり、7月の終わりに一度音あわせをしました。私はそれをテープに録り、持ち帰ってその音のイメージを捉えながら振りを考えています。。。が、難しい!ビン笛の時も難しかったけれど、ビンの音だけだったので曲の流れがわかりやすかったのかもしれません。けれど今回は3種類の楽器が順番にメインのメロディーを担当するので、メロディーは同じでも雰囲気ががらりと変わってくる。そのそれぞれの音の特徴を生かした振り付けをせねば、と考えていますが、これ!という振りがなかなか天から降りてこないのです。。。

来週には2回目の合わせがあります。それまでには一通り組み立てておかないと。。。あぁ~~!

・・・ともかく、頑張らせていただきますm(--)m

|

« フラメンコな季節 | トップページ | ROSYトワラーズ3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラメンコな季節 | トップページ | ROSYトワラーズ3 »