« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月25日 (金)

ROSYトワラーズ3

8月23日、次女がバトンのコンテストに出場しました!

6月のコンテストの時、溶連菌感染症にかかり棄権したため、再度挑戦ということになったわけですが、今回もまた色々なドラマがありました。。。

6月には本当に技術が追いつかずアップアップ状態で、ラストスパートでとっても頑張ったものの本人も回りも非常に不安な状態でした。そこで今回のコンテストまでの2ヶ月間は、通常レッスンの後に特別レッスンをお願いし、苦手な技を中心に丁寧に教えていただきました。

しかし技の習得は何より日々の積み重ねが大事で、週に1回やり方を習って少し練習しても、そうそう身に付くものではありません。技が難しくなればなるほど毎日のように自分から練習していかなくては確実で美しい技は習得できないのです。しかしうちの子どもたちはバトンが好きと言っている割には家でこつこつ練習するタイプではありません。。。

それに、まわりのみんなは6月のコンテストが終わってホッとし、レッスン中も緊迫した雰囲気はなくなりました。それに次女も同調してしまい、さらに夏休みに入り、ますます気持ちはゆるんでいき。。。気が付いたらコンテスト1週間前になっていました(^^;)

コンテスト1週間前から当日までは、イベント出演のための練習やコンテストのリハーサル会などで4回程練習をする機会があったので、何とか形になったという感じでした。2ヶ月前と技術レベルとしては大して変わっていないのですが、いちかばちか!という危機感はなくなり、先生からも「スラスラ踊れるようになって先生は嬉しい!」とお言葉をいただくまでになりました。

そして当日!私はもうとにかく「笑顔で演技できれば大丈夫だよ」と選手席へと送り出しました。ウオーミングアップエリアでの練習は落ち着いているように見えました。さあいよいよ本番です。。。今回は出演しない長女と三女も手に汗を握って一緒に見守りました。今までうまくできなかった部分が本番で急にできるようになるわけはなく、あやしい部分はあやしいままでしたが、それでも1分間の演技をとりあえずノードロップで終え、現状の実力がすべて発揮できたのでホッとしました。正直私はこの時点で、金賞をとれたんじゃないかと思ってしまいました。

しかし結果は銀賞。。。親の私は、もうこれだけのことができただけで満足!実際完璧とは言えない演技だったのだから銀賞でも仕方ないと納得できました。が、本人は自分の中で会心の演技をした!と思ったからでしょう。銀賞のメダルをもらって選手席に帰り、先生と並んで座って話し始めた途端にポロポロと涙を流したのだそうです。

それにしても人から評価を受ける、というのは難しいですね。。。私がフラメンコを好きなのは、上手い下手は関係なく、高い技術を要する技を使っていなくても、その人の人柄が表れ気持ちがこもった踊りであれば、「オーレ!」とバックからも客席からも応援の声がかかり、「いい踊りだったね」と皆に認めてもらえるからです。私個人としては、何しろ親バカですから次女の演技は素晴らしかったと心から思います。まあ自主練は足りなかったけれども彼女なりに頑張ってきたし、当日は緊張しながらも自信をもって楽しそうに演技している様子が見て取れ、もちろん完璧とは全然言えませんが今の実力を100%出せたと思うからです。しかし絶対的な評価となると、銀賞は妥当だということになるわけです。「お母さんはあなたに金賞をあげるよ!」と言いながらも、目を真っ赤にして涙を流す次女を見ると胸が痛みました。

しかし先生が、前回のコンテストでは「結果が全てではない。それまでどれだけ頑張れたかが大事」、今回は「自分に与えられた評価に対して悔しいという気持ちが芽生えたということが先生は嬉しい」と言ってくださり、救われた気持ちになりました。私の師匠である柴田先生が、「発表の機会は人生という旅で港に立ち寄ったようなもの。発表会が終わって旅が終わるのではなく、今度は次の目的地を目指してまた旅立つのです。」とおっしゃっていたことも思い出しました。次女が次なる目標を見つけて新たに旅立ってくれることを祈り、応援したいものです。

今年のコンテストでは本当に色々なことがあり、様々なことを感じましたが、ROSYトワラーズは競技バトンをメインにはせずエンターテインメントバトン、つまり見ている人が楽しんでくれ、バラ色の時間を過ごしてもらえるような魅せる演技のできるチームにすることを目指しているということを改めて有り難いと感じました。もちろんそのためには確実な技術が必要なのでこういったコンテストにも挑戦させてくださるのでしょうが、それを目的にしてしまうと、結果が得られなかった時に挫折感を味わい、バトンが嫌いになってしまう可能性がある。先生はそういう仲間をたくさん見て来られたから子どもたちにはそういうふうになって欲しくないのだそうです。

演技し終わったあと、「何賞だった?何位だった?」と言われるより、「良かったよ~」「いい演技だったよ~」と手放しで言ってもらえる演技をする方が、本人の満足度は高いでしょうし、頑張って練習して良かった、と充実した気持ちになりますよね。

子どもたちがいい先生に出会えたことを改めてとても嬉しく思った1日でした。

| | コメント (0)

2006年8月23日 (水)

産みの苦しみ

今、新しい振り付けに頭を悩ませています。

実は今年、娘達が卒園した幼稚園が創立35周年のお祝いをするのですが、その祝賀会でOBとしてフラメンコを踊ってください、とのお話があり、3人がとてもお世話になった幼稚園ですので、喜んでお引き受けしたというわけです。

しかし、ただのフラメンコではありません。というのは、昨年幼稚園での夏休みお楽しみ会でビン笛合奏団「Laマーズ」をお呼びし、子どもたちにビンの素晴らしい音色を聞いてもらったのですが、その時せっかくだからと以前コラボさせていただいた「リベルタンゴ」を踊らせてもらいました。そういう経緯で、今回この曲を踊ります。でも、リベルタンゴはフラメンコの曲ではありません。しかも、今回の伴奏は次女と三女の担任だったY先生のピアノ、そして私と同じOB保護者のWさんのマンドリンとOさんのフルートなのです。

Y先生が各パートの譜面を起こしてくださり、7月の終わりに一度音あわせをしました。私はそれをテープに録り、持ち帰ってその音のイメージを捉えながら振りを考えています。。。が、難しい!ビン笛の時も難しかったけれど、ビンの音だけだったので曲の流れがわかりやすかったのかもしれません。けれど今回は3種類の楽器が順番にメインのメロディーを担当するので、メロディーは同じでも雰囲気ががらりと変わってくる。そのそれぞれの音の特徴を生かした振り付けをせねば、と考えていますが、これ!という振りがなかなか天から降りてこないのです。。。

来週には2回目の合わせがあります。それまでには一通り組み立てておかないと。。。あぁ~~!

・・・ともかく、頑張らせていただきますm(--)m

| | コメント (0)

2006年8月20日 (日)

フラメンコな季節

情熱の踊りにはやはり夏が似合うのでしょうか。。。

お化粧も衣装を着るのも暑くて大変なのですが、汗をびっしょりかきながら踊ること、考えてみると多いです。。。今年は、7月2日に荒川区のイベント、8月15日に新宿でのイベントに出演させてもらいましたが、7月2日は雨で蒸し暑かった~。8月15日は、外も暑かったのですがイベント広場はそれ以上に暑くて、みんな汗をだらだら流しながら踊っていました(^^;)

来月9月17日にはまた荒川区のイベントで踊らせてもらいますが、きっとまだ暑いんだろうな~。。。

でもやっぱり、見る側としては寒くて震えながら見るよりも、暑い中汗を流しながらもパルマ(拍手)をし、掛け声をかけながら熱~い踊りを見る方が盛り上がりますよね♪

私は今年のお盆休み、タピピの北嶋さんと新宿のエルフラメンコへ行きました(^^)ドミンゴ・オルテガとその仲間の舞台だったのですが、良かった~!緩急のバランスが絶妙で、ダダダダ・・・と足を踏み鳴らしたと思うと、次の瞬間柔らか~い音でタタタタン☆と締めたり、力を抜いたと思うとガッと強く決めたり。惚れ惚れしました♪そしてそして、モニカ・マタのカンテがすご~く良かった!彼女はいわゆるしゃがれ声ではなく、高い声の持ち主だったのですが、表現力があって、無意識に思わず彼女を見てしまうのです。ドミンゴの踊りの時はもちろん彼に釘付けでしたが、女性バイレの時は気が付くとモニカを見ていて、「う~ん。。。上手い!」とうなってました☆この時ほどカンテに引き付けられたことは未だかつてなかったかも。

あまりにも決まる舞台が楽しくてノリノリでハレオかけまくりました(^^)同時に、自分に足りないものをまたまた身に染みて思い知らされたひとときでした。何時間練習するよりも1回舞台を見るほうが勉強になる時もあるよ、と柴田先生に言われたことがありますが、本当にそうだと思いました。子育て中の身としてはそうそう夜出ていくわけにはいきませんが、ビデオでもいいから人の踊りを見て勉強するって必要だなと改めて感じました。

そして、こうして刺激を受けると踊りたくてウズウズしてきます♪そしてカンテも!モニカのように、思いのたけを爆発させて歌ってみたい!と思いました。

よく、フラメンコの歌は意味を聞くと全然詩的じゃないし大した内容じゃなくてがっかりする、というのを聞きますが、でもフラメンコってもともとジプシーの生活に密着した音楽であり踊りであったわけで、詩人が詠うような高級な芸術では全くなかったのです。日本の歌だって、例えば「2人で行った横丁の風呂屋~小さな石鹸カタカタ鳴った~」とか、決して詩的とは言えなくても心を打つ歌ってありますよね。それは、自分の生活、自分の人生に重ね合わせて共感できるところがあるからだと思います。ジプシーの歌だって、現代の裕福な時代に生きる日本人の私達には陳腐に感じられるかもしれないけれど、迫害され、食うや食わずで日々を生きることに必死だったジプシーたちが「もしも宝くじが当たったら~」とか「もしお金があったら~」と歌うのは、真に迫った心の叫びだったのだろうと思うのです。だからこそ、彼らの歌を聴いたときに、意味はわからなくてもたとえ大した内容じゃなくても、私達の心に響くのではないでしょうか。

何だか話があっちこっちに飛んでしまいましたが、結論は、暑い日には熱~いフラメンコに浸るに限る!今宵は久しぶりにソレアに浸ってみようかな♪クーロ・バルデペーニャスが「オレはお前を愛していると同時に憎んでいる。オレの憎しみによってお前の内臓が食われちまえばいいのに」と歌う声とその表現力が好きで(^^)

眉間にしわを寄せ、汗をかきながら1人真夏の夜のフラメンコを楽しみま~す♪

| | コメント (0)

2006年8月17日 (木)

ROSYトワラーズ オンステージ

明日、8月18日(金)18:15~台東区立黒門小学校にて、盆踊り大会が行なわれるのですが、そのオープニングにROSYトワラーズが出演します!

今年の3月に幕張メッセで行なわれた「USAナショナルズ」というチアダンスの大会で、ジュニア部門に出演した24チーム中みごと優勝した作品を屋外用にアレンジして演技します♪その他全部で4曲、「子どもたちにこんなことができるの?」というようなハイレベルで見ごたえのある演技が間近で見られますのでお時間のある方は是非見にいらしてください!元世界チャンピオンの簾田武志さんもゲスト出演してくださいますのでこのステージを見た方は本当にラッキーですよん♪

地元商店街の模擬店も出て、安くて美味しいものがたくさん食べられますのでお楽しみに☆

| | コメント (0)

2006年8月12日 (土)

☆イベント出演のお知らせ☆

8月15日(火)、新宿西口の地下交番前広場にて、東京都主催のイベントが行なわれます!

このイベントに私の師匠である小林弘子先生が出演することになり、私達上級クラスのメンバーも一緒に出演させてもらえることになりました♪

2時からと4時から、それぞれ30分ずつのステージです。カスタネットあり、アバニコ(扇)あり、マントン(ショール)ありの華やかなステージになると思います☆

お盆休みですが、お時間ある方は是非見にいらしてください!

| | コメント (2)

2006年8月10日 (木)

初島♪

8月7日月曜から、2泊3日の予定で伊豆の初島に行ってきました♪

大学時代、スキューバダイビングをやっていたので、友人の子ども(6年生と5年生)が「シュノーケリングをやってみたい」と言っていると聞き、「それなら教えてあげよう!」と思い立ち、学校や習い事の年間予定が出揃った5月中旬に2家族の予定を合わせ、今回の計画を立てたのでした。

2家族といっても、お盆前の平日ということで父は不参加。母2人と子どもたち5人というメンバーでした。

ところでなぜ初島かというと、私も行ったことがなかったので単なる思いつきなのですが、まず整体の先生が「初島はダイビングもいいし、魚がおいしくてすごく良かった」と言っていたのを頭の隅に記憶していたというのがあります。それから、私の中で水がきれいで色々な魚が見られるなら伊豆、というイメージがあります。大学時代毎年合宿で行っていた三宅島は最高でした!でも伊豆七島は遠いです。伊豆半島にもいいスポットがいっぱいあります。でも意外と電車でも車でも行くのに時間がかかります。車酔い、船酔いをする子どもたちなので乗り物に長時間乗るのはキツイのです。

ならば伊豆の中で近くて行きやすい所は?と考えたところ、頭の隅にあった初島を思いついた、というわけです。東京から熱海まで新幹線で50分。熱海港までバスで10分ほど移動し、船に乗って25分で初島に到着します。民宿は港の目の前にあるので、東京駅を9時に発って11時にはもう民宿に着いていました♪

民宿のおばさんはとても親切で、早く着いたのに部屋を使わせてくれました♪子どもたちはもう早く海に入りたくて仕方ない様子でしたが、とりあえず先にお昼を食べることにしました。近くの食堂で、岩のりラーメン、イカのお刺身が乗ったイカ丼、あしたばとイカゲソのかき揚丼を頼みましたが、どれも美味しかった~♪丼には、味噌汁とお新香の他に地元でとれた天草で作った小さなところてんがついていて、これまた美味しかった!

さて、腹ごしらえをしたところでいよいよ着替えをして海へ!事前にネットで調べたとおり、シュノーケリングのセットは食堂でレンタルでき、民宿前の港の中で泳いでいる人がたくさんいました。船の油が浮いていたりしないかな?と心配でしたが全然大丈夫でしたので、まずマスクやフィン(足ひれ)の付け方、使い方を子どもたちに説明しました。そして海に入り、浅いところで顔をつけてシュノーケルで息をする練習やフィンで泳ぐ練習をしました。最初は息苦しかったりうまく進めなかったりした子どもたちでしたが、すぐに慣れて港の中を泳ぎ回ることができるようになり、さすが子どもの順応性はすごい!と感心させられました。だんだん水中を見る余裕が出てくると、黄色や青の綺麗な魚たちを見つけ、興奮してはしゃいでいました。

ここまでできたらもう潜るのはわけないと思い、「じゃあ潜ってみようか?」と言ってとりあえず私が見本を見せましたが、まだ潜る勇気は出ないらしく、皆一様に首を横に振ったので、潜る練習は明日にしようということになりました。この日、気温はたぶん35度近くあったと思いますが、ずっと水に浸かっていると結構身体が冷えてきます。私は「寒いのでもう上がろう」と何度か言いましたが、子どもたちはすっかりシュノーケリングが気に入って、「まだやる!」と言い張り、結局3時間くらいずっと海に入っていました。

初島に砂浜はないので、水着の砂を落とす必要がなく、お風呂に入るのも楽チンでした。夕飯は漁師のおじさんが釣ってきてくれたハマチのお刺身やアジフライなどなど、美味しいものが盛りだくさんで幸せでした♪夜には、日暮里の駄菓子問屋で山のように買って行った花火を存分に楽しみました。天気予報では台風が来ると言っていましたが空は晴れていて2日目の午前中くらいは海に入れるだろうね、と話しながら宿に戻りました。

しかし、それから間もなくパラパラと雨の音がし始め、天気予報でも台風が伊豆を直撃するという予報が出ました。予報がはずれてほしいという希望と不安を抱きながら眠りにつき、次の朝、目をさますと。。。大雨です!ガ~ン。。。風はないものの、とても遊べる雰囲気ではありません。下手すると船が欠航、宿に缶詰のまま帰れなくなる、という可能性もあります。どうしよう。。。母2人は朝ごはんを食べながらつらい選択に悩まされました。

結局、「帰ろう!」と決めました。初島は皆大好きになったけれど、もっともっと楽しみたかったけれど、もしかしたら3日目くらいは雨が止むかもしれないけれど。。。それ以上の色々なリスクを考えると子連れの私達にはこの決断が最善であるというのは明らかでした。そうと決めたら行動は早かったです。荷物をまとめ、宿の精算をし、9時25分の船に乗りました。「またいつか来ようね。今度は潜る練習しようね。」と言いながら、島を後にしました。

熱海に着いたらとりあえずは安心です。今日中に帰れば本当にひどい台風に巻き込まれることはないだろうと思い、3日目に行く予定だった熱海港の脇にある「マリンスパあたみ」に行きました。するとここにも新たな難関が!なんと雨の中すごい行列ができているのです。私達同様、みんな海で遊ぶ予定が狂い、室内で遊べるこの施設に集まってきてしまったのでしょう。係員のアナウンスによると、800人分のロッカーが埋まってしまった時点で入場ができなくなり、あとは順次ロッカーが空き次第入れていきます、とのこと。そして、ちょうど私達付近で800人に達するというのです。

みんな室内プールや温泉でのんびり遊ぶために来ているのだから、もし入場できなければ2~3時間待たされるのは必至です。しかしこんな雨の中で待たされるのは絶対イヤです!私達はドキドキで前に進んで行きました。入り口では係員がグループの人数を聞きながら客入れをしています。私達の番になり、「7人です」と言うと。。。「どうぞ」と傘袋を渡してくれました!よかった~!

入場制限がされるほどの混雑ってどんなだろうと心配しながら入りましたが、思ったよりイモ洗い状態ではなく、流れるプールや温泉を楽しむことができました。

着替えをしてお昼を食べ、マリンスパを後にしました。バスで熱海駅まで行き、明日の新幹線のチケットを変更してもらいました。新幹線は動いていましたが、禁煙席がもういっぱいということだったので、熱海発の快速アクティーで帰ることにしました。快速なので乗車券だけでOKですが、せっかくなのでグリーン券を買い、ゆったりのんびり帰ろうということになりました。この電車もすごい混雑かな?と心配で10分前位に並びましたが、熱海発のせいか全然空いていて、グリーン席も2階席が半分ほど埋まっているくらいで1階席はほぼ貸切状態でした♪

のんびりお菓子を食べたりゲームをしたりして快適に過ごし、東京に着くと、雨は全く降っていませんでした。静岡県はあれほど大雨だったのに、びっくりです!でも駅から家まで傘をささずに帰れてよかった☆

結果的に、一応シュノーケリング体験という目的は達成できたし、美味しいものも食べてマリンスパでも遊んでけっこう盛りだくさんな楽しい旅でした♪帰宅した翌日は予報どおり台風が接近して静岡も東京も大雨!母たちの判断も正しかったと納得できて、良かったです(^^)

| | コメント (2)

2006年8月 4日 (金)

ROSYトワラーズ2

8月1日~3日まで、子どもたちはバトンの合宿に行きました。正確には、長女と次女は2泊3日、三女は初めてなので2日目からの1泊2日で参加しました。

合宿といっても海や山へ行くのではありません。夢の島にある、BumB(ブンブ)という総合スポーツ施設で行ないます。ここにはホテルのような宿泊施設もついていて、朝と夜の食事はバイキングなのだそうです。好き嫌いが多いうちの子たちも、食べられるものを食べられる量だけよそえるので心配ありません。

そして練習は、体育館で朝から晩まで。今回はとにかくたくさん踊ります、と先生がおっしゃっていた通り、秋のよみうりランドのステージ出演のための振り付けを各クラス2曲ずつ練習したそうです。

上の2人は去年の年末に1泊2日の合宿を経験済みなので、とにかく楽しみで楽しみで仕方なかったようです。練習は長時間だし厳しいのに、それに勝る楽しみがあるらしいのです。

しかし私には大きな心配事がありました。そう、三女のことです。彼女は、3歳頃からお姉ちゃん達が親戚の家やお友達の家に泊まるたびに一緒に泊まると言ってついて行くのですが、寝る時に必ず大泣きし、どうしようもなくなって私は電話で呼ばれ、迎えに行くハメになっていたのです(--;)

合宿前に、今回初めてのCクラスさんたちのお母さんに先生は「泊まりは大丈夫そうですか?」とお聞きくださいましたが、私はすかさず「全然ダメです」と自信を持って言いました(^^;)そしてこれまでのいきさつをお話しし、泣いてどうしようもなくなったら迎えに行く覚悟でいることもお伝えしました。

しかし先生はすごい!他にも不安なお母さんもいらしたと思いますが、「2日目に集合した瞬間から、『帰りたくないほど楽しい!』と思ってもらえるように頑張ります!」とおっしゃったのです。そして、本当に、集合した瞬間から各班に分かれたゲームが始まり、Cクラスさん全員が母たちを振り返ることもなく楽しい合宿生活へとすんなり入っていったのでした。

あらかじめ、長女と三女を同じ班(同室)にしていただいたのですが、先生は合宿一日目からぬかりなく長女に「明日は今までで一番優しいお姉ちゃんになってあげてね」と言ってくださっていたそうです。実際、長女は家では結構冷たいのですが、この日は三女が寝付くまで隣で添い寝してあげたと後で聞きました。先生の一言、効くんですね~。そんな先生のご尽力のお陰で、私は呼び出されることもなく、三女は最後まで楽しく無事に合宿に参加することができたのでした。

先生方には本当に本当に感謝です!34人もの人数を束ね、集団生活を送るだけでも大変なのに、心配事がある子どももうちだけではなかったはずなのに、たった3人の先生で全員を統率し、3日目の最後の発表会では涙が出るほど素敵なダンス演技を見せてくれるほどの成果を上げ、さらに子どもたちが本当に「帰りたくないほど楽しかった☆」と目を輝かせて言うほど楽しませてくださったのですから!

それは、先生がバトンの技術だけでなく、常日ごろから大きい子が小さい子の面倒を見ることを教え、チームワークを大切にする子どもたちを育てようとしているおかげだと思います。中学生のお姉さん達は各班のリーダーとなり、小さい子の髪の毛を結んであげたり楽しませてあげたり、本当にきめ細かく面倒をみてくれたそうです。

こんな貴重な経験をたくさんさせてくださるチームに入った子どもたちは、とても幸せです♪何年後かには、うちの子たちも小さい子の面倒をみてあげられる頼もしいお姉さんになっているかな?とても楽しみです。

さて、今回私は一日だけ自由な時間があったわけなのですが、前もって何をしようか計画を立てていなかったのでとりあえず三女を送ったあと家に帰ったところ、家の汚れが気になったので掃除をして、布団を干して、お昼を食べて。。。と至って普通に過ごしてしまいました。いかんいかん、と思い直し、何をしたい?どこに行きたい?誰と会いたい?と一生懸命考えて、結局一番近くて楽しく過ごせるタピピへと出かけたのでした。まあこれも特別なことではないけれど、いつもは30分とか1時間しかいられないのにこの日は時間無制限におしゃべりできることが嬉しかったのです。北嶋さんは「じゃあ飲みに行こっか?」と誘ってくださり、お店の近くのお魚が美味しい居酒屋さんに行きました。美味しいお料理を食べながら大好きなフラメンコの話を存分にできて、とっても楽しい夜でした。

北嶋さん、そしてROSYの先生方、本当に有り難うございました♪

| | コメント (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »