« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

8月の予定

カラコレス&ルナーレス通信 Vol.10

金曜の託児付きクラスがチケット制のサークルになります

8月より、金曜10時のクラスがチケット制のサークルになります。託児スタッフは今まで通りおりますが、10:00~11:00の中級クラスと10:30~11:30の入門クラスに分かれ、ご自分のレッスン時間でない30分間は他のクラスのお子さんを一緒に面倒みながら託児ルームで子育ての情報交換などを行なっていただけるというクラスです。チケットは4枚8,000円です。ご興味ある方がいらしたら見学・体験とも大歓迎ですのでご連絡ください。

火曜カラコレスは2時間の夏休み特別レッスンになります

8月は、カラコレスの火曜10時クラスのみ、2時間集中レッスンが2回となります。ご注意ください。2時間のうち1時間のみの参加も可能です。金曜と土曜のクラスは通常通り4回のレッスンになります。よろしくお願いいたします。

荒川区のイベント出演報告

7月2日(日)、荒川区の保育園が地域と共同で行なった「こみゅに」というお祭りに出演してきました。ジュニアの2人と金曜クラスの1人がセビジャーナス(3番まで)を踊ってきました。ジュニアの子にとっては2回目の出演でしたが、メイクや着替えにも慣れ、関係者の方々へのご挨拶もきちんとできました。踊りも、今回は少しフォーメーションを変えたり、ちょっとしたアレンジをしましたが、落ち着いていて立派でした。舞台脇にいた私も安心して見ていられたので、すごい成長だと思います。やはり舞台経験は大きく成長できる貴重なものです。今後もイベント出演の機会があったら皆さんをお誘いしますので、是非積極的に参加してみてくださいね☆

暑い毎日ですので夏バテ、熱中症にならないよう、飲み物を忘れずにご持参ください。ストレッチ用のタオル(ご自分にあった長さのもの。スカーフやスポーツタオル、縄などでもOK)もお忘れなく!

8月の予定:

カラコレス

火曜クラス:1日(10:00~12:00)29日(10:00~12:00)

土曜クラス(18:30~19:30):5日、12日、19日、26日

ルナーレス 

土曜ジュニア(17:00~18:30):5日、12日、19日、26日

  ジュニア体験(17:00~18:00):5日、12日

金曜託児付き(10:00~11:30):4日、11日、18日、25日

| | コメント (0)

2006年7月27日 (木)

夏休みなのに。。。

毎日どうしてこんなに忙しいのでしょう。。。

私のスケジュールは普段通りなのですが、子どもたちが休みというだけでこんなに慌しいのでしょうか?もちろんお昼の支度とか、母としてやることは増えますが、こんなに時間に追われる夏休みは初めてだと思います。

考えてみると、たぶん夜の習い事が増えたからです。週2回のバトンの他に、夏休み中月曜と特別日を除く29日間も教えてくれる、区主催の水泳教室に行かせることにしたのです。つまり、月曜以外は、バトンか水泳かフラメンコのどれかに行っていることになるのです。どうりで忙しいわけだ(^^;)

どの習い事も、夕方5時前後に家を出て、帰りは早くて7時、遅くて9時半★ちょうど夕飯時に家にいないのです。おかげで食生活はめちゃくちゃです。

しかし子どもたちだけでバスや電車に乗せて習い事に行かせることはできません。一番上はもう5年生なので、たぶん大丈夫だとは思いますが、今のご時世、本人がしっかりしていてもどんな事件に巻き込まれるか想像もつかないのですから、何かあった後で後悔するよりは少し大変でもついて行って危険から守ってやりたいと思うのです。

ちゃんと夕飯を準備して出ていける時もありますが、昼間レッスンで出かけたりした日はご飯を炊くのが精一杯だったりします。主人にはレトルトカレーやレトルト中華丼の具で我慢させる日々。。。母と子は移動の合間におにぎりをほおばって終わり、なんて日もあります。芸能人並みですね(^^;)全然嬉しくないけど。でも玄米は完全食品で必要な栄養をほとんど摂れるらしいので、何とかなるだろうと自分にむりやり言い聞かせています。

バトンにしろ水泳にしろ、時間的にも経済的にも大変なのにどうしてこんなに一生懸命やらせようとするのか、自分でも不思議なのですが、最近思うのは、自分の子どもの頃の記憶と経験が影響しているのかもしれないということです。

私は子どもの頃勉強が大好きで、真面目で先生にも好かれるいわゆる優等生でした。小学5年生から塾に通い、習い事は習字にピアノにそろばん。本当はバレエを習いたかったのですが近所に教室がなかったので習えませんでした。たぶん小さい頃から踊りが好きだったのだと思います。それが今の生き方の起源でしょう。

勉強は、わかることが面白くて楽しくて、本当に大好きでした。でも大人になって自分の子どもに同じことをやらせたいとは思わないのです。もちろん子どもがやりたいと言ったら喜んで応援しますよ。でもそうでなければ、学校の勉強がきちんと理解できていればそれで充分だと思っています。

ずいぶん前に小学校のクラス会があり、その時ある友達が「自分は勉強ぎらいだったので、あなたのようにもっと勉強しておけばよかったと大人になって後悔した。だから自分の子どもには後悔してほしくないので小さい時から塾に行かせて勉強させてる。」と言っていました。私とは逆のパターンです。私は、勉強を一生懸命やってレベルの高い学校に入っても、母になったら皆同じだし、そこそこの一般教養と常識、礼儀が備わっていれば生きていくには充分だと思っているのです。

もちろん全くやらなくていいということではありません。学校でやるべきことをきちんと一生懸命やれば、塾へ行って受験の技術を学ぶ必要まではないということです。それは、勉強を一生懸命やってみた結果、自分で出した結論です。勉強に限らず、後になってやらなかったことを後悔しないように、今できることを精一杯やっておきたいものです。そうすれば過去に後ろ髪を引かれることなくさわやかに年齢を重ねていけるんじゃないかと思っています。

で、さっきの友達の例を自分に当てはめてみると、踊りは私が小さい頃習えなかったから、プールは私が小さい頃苦手だったから、そういう後悔をさせないように一生懸命やらせているのかもしれません。う~ん。。。そんな深層心理が働いていたのでしょうか(- -;)

でも、踊りはこうして今好きなだけ踊れるようになったし、水泳も、社会人になってスクールに通い、バタフライまで泳げるようになりました。小さい頃できなかったストレスは解消してるはずなんですが。。。

あるいは、子どもの無限の可能性を夢見る単なる親バカ?あ~、これが正解かも(^^;)

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

カラコレス☆

毎週金曜の夜は、小林弘子先生のスタジオに習いに行っています。今はバタ・デ・コーラ(後ろが長ーく引きずるタイプのスカート)で踊るカラコレスを練習しています。

このカラコレス、バタ・デ・コーラで踊るだけでも難しいのに、更に、アバニコ(扇)を使う部分、それにマントン(ショール)を振り回しながら踊る部分もあり、難しくて難しくて。。。カラコレスの意味はかたつむりで、アバニコをくるくると回しながら踊ることが多い明るい系の曲ですが、明るく楽しく踊れるようになるのはいつのことやら。。。いつもため息をついたりあまりの出来なさ加減に笑っちゃったりしながら奮闘しています★

先日の金曜も大した進歩もなく、「はぁぁ。。。」てな感じだったのですが、そんな暗い気分を打ち消すような嬉しいお話を先生からいただきました♪

8月15日午後、新宿の地下交番前で東京都主催の芸術イベントがあるらしく、そこで先生と私達上級クラスのメンバーで踊ってほしいという依頼があったらしいのです!8月15日なら主人の仕事はお休みで子どもを任せられるし、特に出かける予定もないので参加できます♪嬉しい~~(^^)/

ソロで踊るのは先生だけで、私達は夏のお祭りらしくパリージョ(カスタネット)でセビジャーナスを踊り、加えて普通のファルダ(スカート)でアバニコの部分のカラコレスを踊る予定だそうです☆全然自信はないけれど、普通のファルダのカラコレスなら何とかなるかもしれません。頑張らねば~!

お盆ですが、もしどこにも行く予定がなければ是非見にきてください!先生のアレグリアスは絶品ですからそれだけでも見る価値ありますよ~♪

| | コメント (0)

2006年7月18日 (火)

連休のフラメンコ母

先週土曜日は、学校のPTA行事のお手伝いがあり、夕方からのレッスンはお休みでした。PTA行事は、プール遊び&映画会でした。うちの子どもたちはバトンのレッスンのため不参加なのに、私は役員なのでお手伝いに行きました(^^;)しかし子どもたちはバスで3駅ほどのところにあるエアコンのない学校の体育館で暑い中レッスンし、私はプール遊びこそしませんでしたがエアコンの効いた体育館で「あらしのよるに」の映画を見てお土産までいただいて。。。何だかごめんね、って感じです。

この日は久しぶりに夜時間が空いたので、「La vidaの会」に参加させてもらいました。この会は、フラメンコ好きが集まるサークルで、先日の「こみゅに」を企画したさっちゃん夫妻が主催して毎週開いています。ギター、カンテ、バイレの人たちが三々五々集まって、バイレは交替で踊りたい曲を言うとギターさんが伴奏してくれ、カンテさんは歌ってくれて自分のレパートリーを練習できるという何とも贅沢で嬉しい会なのです。

私は練習中のタンゴ・デ・マラガとソレアを躍らせてもらいました。気持ちよかった~♪ソレアの最後の闘牛士のような振りのところでは「どっか別の世界へ行っちゃってたでしょ?」とタピピの北嶋さんに冷やかされるほど、入り込んで踊ってたようです(^^;)でもそんな北嶋さんだって、軽~く踊ったというわりにはガロティンのアイレたっぷりで気持ち良さそうでしたよ☆

日曜は久しぶりに私の姉の家に遊びに行きました。子どもたちはよく私が仕事の土曜日に遊びに行っていますが、私は1年ぶりくらいかもしれません。子どもたちが赤ちゃんのときは平日休日を問わず本当によく行き来をしていたものですが、小学生くらいになると習い事や学校の用事などでお互いなかなか会えなくなりました。でも姉妹はこうして何かと交流が持てるので楽しいです(^^)うちの3姉妹も今は喧嘩ばかりしていますが大きくなって結婚でもしたらお互い頼りにしあって仲良くしてくれるかな?

月曜は、もし雨でなければアンデルセン公園に行こうと思っていたのですが、雨が降ってしまったので家でのんびりしました。ふと、スタジオの窓に貼る文字を作ろうと思い立ち、パソコンで大きな文字を出力し、それをコンビニのコピー機で更に拡大し、100円ショップで買った蛍光スプレーで色づけしたり切り貼りしたりしてなかなかのものを作ることができました。

火曜のレッスンの後、でんでんルームに窓文字を持っていき、ラミネーターをお借りしてラミネート加工をさせてもらいました。豊原さんに「毎日が文化祭」がだいぶ板についてきたわね☆とお褒めいただきました(^^)音楽教室のりかさん、ジャズタップのミチさん、作業のお手伝いありがとうございました!さて、明日これを貼ってみてどんな具合か、楽しみです♪皆さんも東十条駅を通ったら、電車からも見えますのでチェックしてみてくださいね!

| | コメント (2)

2006年7月14日 (金)

眠い。。。

今週は自分の衣装作りを始めたもので、毎日のように寝るのが1時過ぎてしまい、昼間眠くて仕方ありません。でも洋裁はやり始めると楽しくて、ついつい時間を忘れてしまうのです。

今作っているのはマーメイド型のスカート。黒地に赤、オレンジ、紫の大きさの違う水玉がちりばめられている生地です。今、月に2回ほど個人レッスンを受けて習っているタンゴ・デ・マラガが仕上がったら着たいと思って作っています。

このタンゴ・デ・マラガは、タピピの北嶋さんの師匠である柴田元子先生に頼み込んで習い始めました。小林弘子先生の教室には変わらず通い続けているのですが、去年縁あって柴田先生に出会い、その人柄に惚れ込み、また先生振り付けのお弟子さん達の踊りを見て感動してしまい、どうしても先生に教わりたくなったのです。

先生は最初なかなか「うん」と言ってくださらなかったのですが、そのうち根負けしたのか、「小林先生がいいとおっしゃるならいいよ」と言ってくださり、私は小林先生に正直に「どうしても柴田先生のタンゴ・デ・マラガを習いたいのです」と打ち明けました。フラメンコに限ったことではないかもしれませんが、自分の生徒が他の先生と二股をかけるのは普通快く思わないものです。しかし小林先生は「生徒が上手くなるのは大歓迎!どんなタンゴ・デ・マラガか楽しみ。出来上がったら発表会で踊っても構わないですよ」とおっしゃってくださったのです!

何て心の広い素敵な先生なんでしょう!また一方、ちゃんと私の師匠にも敬意を払い、筋の通らないことは受け入れないという柴田先生も素敵です♪

そんないきさつで柴田先生に習い始め、はや5ヶ月になります。一つ一つの動きを丁寧に指導してくださることに加え、私が先生の振りに慣れていないこともあり、まだまだ先は長いですが、カンテやギターと呼吸を合わせて踊るとか、今まであまり考えなかったことを考えさせてくれるレッスンはとてもやりがいがあって楽しいです。

衣装が日の目を見るのはまだ1年くらい先かもしれません。でも、思い立ったが吉日です☆明日からの連休中にはきっと出来上がるでしょう♪この衣装で舞台に立つのを想像しながら、それを励みに気分を盛り上げて練習に励むつもりです!

| | コメント (0)

2006年7月11日 (火)

偉大なる巨匠

先日、友人から借りたフラメンコのビデオを見ました。故アントニオ・ガデス氏が自分の半生を振り返り、フラメンコを語る、というような内容のテレビ番組を録画したものでした。

その冒頭に彼の言葉が流れるのですが、これにひどく感銘を受けたのでご紹介します。

-誰にも踊る権利はある。ダンスの起源というものは、人間が感情を表すための自然な欲求だったと思う。だから年齢に関係なく誰でも踊っていいのだ。-

高尚な芸術作品としてのフラメンコ映画や舞台を作り上げ、世界中に知らしめた彼が、踊りは限られた人だけの特権ではなく、誰でも踊っていいんだ、ということを言っていたなんて!ますます好きになりました☆

まさに、私がフラメンコを愛する所以はここにあるのです!そして、何歳になっても楽しめるこのフラメンコという踊りを色んな年齢層の方にお教えしたい、踊ることの楽しさをたくさんの方に知ってほしい、というのが私の目指すところなのです。

ちょうど「シルバーフラメンコ」というのをやりたいな~と思っていました。お年寄りでも無理なく踊れるプログラムを組んで、楽しく健康維持ができるよう、お手伝いをしたいと。

彼のおかげでますますやる気が出てきました!プログラム作り、頑張るぞ~♪

| | コメント (2)

2006年7月 8日 (土)

今週のフラメンコ母は・・・

今週も色んな顔のフラメンコ母でした。

月曜日:ベリーダンスの先生であるtaeさんと会い、スタジオμの今年度の契約を交わしました。taeさんのクラスはうなぎのぼりに生徒さんが増えていて、アラビアンレストランでのライブも毎週のように行なっています。大活躍中です♪それにしても以前モデルさんをしていたというだけあって、いつ見ても美しい☆

火曜日:午前中はサークルのレッスンと個人レッスン。計2時間半。終わってすぐにでんでんROOMへ行き、ジャズタップの先生大沢ミチさんとオカリナ&グラスフルートの先生本田世志子さんの契約を交わしました。ジャズタップは6月からジュニアのサークル「ペンギンクラブ」が立ち上がり、計3コマを受け持ってくださるようになりました。オカリナ&グラスフルートの教室は、9月開講予定で、7、8月は体験レッスンを行なってくださる予定です。楽しみです♪その後急いで子どもの学校へ。1年生の保護者会でした。はあ~。。。

水曜日:大雨でしたね~。そんな中、でんでんが所属する、マイコープのコミュニティ・ワーク連絡会という会が主催する、コレクティブハウス「かんかん森」見学会というのに参加してきました。コレクティブハウスを説明すると長くなるのでしませんが、とても興味深かったです☆質問&意見交換会は途中で失礼させていただいて、家に戻ってすぐ子どもたちをバトンのレッスンに連れていきました。今日のレッスンは2時間半。お陰でフラメンコ雑誌「パセオ」がじっくり読めました♪

木曜日:午前中秋葉原のサークルを教えに行きました。教え始めてもうすぐ5年半になるグループです。鏡もない児童館の遊戯室で、ゆっくりゆっくり進んできました。最近は覚えも動きも格段に良くなって嬉しい限りです♪メンバーは嫌がっていますがそろそろ舞台に立ってほしいな。。。お昼はエバさんと会ってランチしながらまたまたフラメンコ大好き話で盛り上がりました!帰り道、生地問屋さんでお互いに衣装作りのための生地を安く手に入れ、ホクホクで帰りました♪

金曜日:午前中は託児付きクラスのレッスンでした。お子さんもすっかり慣れ、1時間半集中してレッスンすることができるようになってきました。託児スタッフのTさん、保育士のお仕事をされていただけあってお子さんの扱いも上手くてすばらしい方です♪午後はまた小学校の保護者会でした。3年生と5年生が重なってしまったので役員をやっている関係上5年の方へ行くことに。話が長引いたので、大急ぎで帰り、子どもたちを大急ぎでバトンのレッスンへ送り届け、その足で自分のレッスンへ!先月は1回しか行けなかったので久しぶりに受けたレッスンは楽しかった~♪

土曜日:久しぶりに午前中なにも用事がなかったのでのんびり過ごせました♪午後も子どもたちだけで幼稚園の同窓会に行ったので、珍しく長い自由時間でした。そこでフラメンコのビデオを見ながら木曜に買った生地を広げ、型紙を適当に作って裁断までできました。縫うのが楽しみ!夕方はジュニアのレッスンのはずが、2人ともお休みだったので久しぶりに1時間以上自主練しました☆エアコンつけていたのに汗だく。。。気持ちよかった~!夜のサークルレッスンは通常通りでしたがいつもより人数が少なかったのでじっくり一人一人を見ることができました。非常に充実したフラメンコな1日でした♪

| | コメント (0)

2006年7月 4日 (火)

こみゅに!

_032 _010 日曜は、私のフラメンコ仲間のさっちゃんが実行委員をつとめる荒川区のイベントに参加させてもらいました。

保育所、NPO団体、社会福祉施設などが共同で企画・運営をして小学校を会場にバザーや舞台、縁日などが行なわれました。

私は、ジュニアの2人と託児クラスの1人を連れて舞台に出演しました。小学校のピロティーの一角に手作りで設置した簡単な舞台でしたが、生徒達のセビジャーナス、Iさんのカラコレス、さっちゃんのティエントス、Wさん親子のギターソロ、私のガロティン、Hさん・Iさん・私・さっちゃんのブレリアという、お客様にとっては非常に贅沢な40分のショータイムでした。

ジュニアのSちゃんとYちゃんは1月におもちつき大会の余興で踊って以来2回目の舞台出演でしたが、今回はメイクの手伝いをすることもほとんどなく、スタッフの方々にもきちんとご挨拶ができ、待ち時間には進んで自主練をするなど、大きな成長を見せてくれて先生としては非常に嬉しく、本番も安心して見ていられました。発表会を何度も経験したことがある託児クラスのSさんがついていてくれたのも大きかったと思います。

うちの3人娘はこの日は撮影係でした。楽屋風景から、リハ、本番と要所要所きっちり撮ってくれて、助かりました☆役に立とうという気持ちがあって、母のやることをいつも見ているので最近とても的確な働きをしてくれます。頼もしいスタッフになったものです(^^)

私も楽しく明るく可愛いガロティンを踊ることを心がけたのですが、お客様から見てどうだったかは聞けなかったのでわかりません。でも自分自身は楽しく踊ることができましたので、私らしいガロティンになったかな、と思っています。さっちゃんには「ちゃんとした舞台じゃなくて足の音もよく出なくてごめんね~」と言われましたが、私はそういうことには全然執着ありません。踊る機会があること、それを見てくださる方がいらっしゃること、そして舞台と客席とで楽しさを共有することがいちばん大事なので、今回も実り多く充実したひとときでした♪雨が降ったり止んだりだったのに見にきて下さった方々、ありがとうございました。

さっちゃんは踊り手なのに、朝8時半から会場入りして会場作りからスタッフへの指示、進行係などなどをバリバリこなしながら、本番では迫力満点のすばらしいティエントを魅せてくれました!その上最後のブレリアではカンテもやり、自分の番になったら踊る☆というマルチぶりを発揮していました。私もパワフルだと言われますがその何倍もパワフルな人を目の当たりにして、感服してしまいました。さっちゃん、いつもありがと~!

後日談で、「フラメンコはレベルが高かった!秋に開催されるイベントにも出演してほしい」と言われたそうです。うれしい反響ですね~♪

この日の帰り、帽子を返しにタピピに寄りました。また可愛い衣装がたくさん入っていて、試着をさせてもらったりしました。大きいサイズから小さいサイズまで揃っていて、スペイン製の衣装もけっこうあります。今の時期オススメですよ☆

例によって1時間以上もおしゃべりをして、お茶とお菓子もごちそうになり、リラックスタイムを過ごさせてもらいました♪子どもたちの相手までして下さって、北嶋さんいつもありがとうございます!今度の土曜は北嶋さんの舞台ですね☆エバさんから渡してもらったバトンを今度は北嶋さんにお渡しします。私達の「楽しんで踊ろうパワー」が詰まっていますのできっと楽しく踊れますよ(^^)頑張ってくださいね!

| | コメント (0)

2006年7月 1日 (土)

託児クラスがサークルに☆

金曜午前中は託児付きクラスのレッスンがありました。しかし今月は生徒さんが1人で託児のお子さんも1人。。。寂しいです。

レッスンはマンツーマンなので生徒さんの弱いところを細かく見てあげられるのでいいのですが、大人が4人、お子さんが4人いらした時は、わいわい賑やかで楽しかったのです。その楽しさが何故続かなかったのか、考えてみると、小さいお子さんを抱えたお母さんには、毎週きちんとレッスンに通うというのは至難の業なんだと思い当たりました。私自身も、踊りたくて仕方なかったけれど、とにかく子どもたち全員が幼稚園に入るまでは無理だと思い、一番下の子が3歳になるまで我慢していたのですから。

母は、自分の意思だけではどうにもならないことが山のようにありますよね。子どもが体調を崩したり怪我をしたりして医者に通うだけでも何時間も費やさなければならない。子どもが何人もいればその頻度は倍増します。子どもが大きくなればなったで幼稚園の保育参観、保護者会、PTAの行事などなど、こちらの都合に関係なく予定が決められてしまいます。

そんな中でも、少しでも自分のために何かしたい、発散できる場所を持ちたい、という方のためにこの託児つきクラスを開講したのですが、レッスンに行きたいのにお子さんが病気で行けない、お母さんと離れられなくて大泣きするお子さんを横目で見ながら自分が好きなことをするということに罪悪感を感じる、などがかえってストレスになり、レッスンに通えなくなった方を出してしまったのは、本当にその立場に立った企画ではなかったんだと反省しました。

そこで、もっと気楽に、少ない負担で参加していただけるクラスにしよう!と改めて企画しなおしてみました。

♪チケット制・託児付きサークル♪ 

金曜 10:00~11:00(中級) 10:30~11:30(初級)         チケット代8,000円(4回分・託児料込み)

子ども支援グループでんでんの会員になっていただき、年会費5,000円を納めていただくのは他のクラスと同様です。

*10:30~11:00の30分間は両クラス一緒にストレッチ&基本動作(お子さんを手元に置いてもできる内容です)

*30分間は各クラスのレベルに応じた振り付け(入門はセビジャーナス)

*入門の方は10:00にスタジオに入り、中級の方は11:30まで残ってご自分のお子さんと遊んであげたりお茶を飲んだりしてリラックスタイムをお過ごしください。託児スタッフは基本的に1人ですので、他のクラスのお子さんとも一緒に遊んであげてください。

お子さんにとってもお母さんにとっても、来ると楽しい場所になることを目指しています。楽しいサークル作りにご理解とご協力いただける方をお待ちしております♪また、こんなふうにしたらもっといいんじゃない?というアイデアも大歓迎ですのでコメントに入れてくださいね~☆

さて、昨日は東十条のお富士さんのお祭りでした。私は子どもたちを連れ、でんでん代表の豊原さんにお付き合いいただいて、縁日の入り口である十条銀座という商店街の鳥大さんの前でチラシ配りをさせてもらいました。すごい人出でびっくりしましたが、思ったよりチラシをもらってくださる方がいて嬉しかったです♪子どもたちは、最初「やりたいやりたい!」と張り切っていたのですが、人出に圧倒されて、縁日に遊びに行ってしまいました。ま、それが普通ですよね(^^)

1時間ほどチラシ配りをしましたが、私は結局52枚配ることができました。その中で、私が持っているチラシの「フラメンコ」の文字を見て、「これちょうだい!」と言ってもらえたのは特に嬉しかった~☆豊原さんはたぶん80枚くらい配ったと思います。「でんでんは毎日が文化祭よ」と言っているだけにさすが!の技でした♪

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »