« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

日曜日は。。。

もう4日も過ぎてしまいましたが、日曜日は、子どもたちが囲碁の団体戦に出場するため市ヶ谷にある日本棋院に送っていきました。前日はクラス会で夜遅かったので、朝起きられるか心配でしたが、(実は私は大事な日によく寝坊をするんです( ^^;)緊張していた分ちゃんと目が覚めました。朝お弁当を作り、9時には棋院に無事送り届けることができました。

さて、ここからは私の時間です♪大会が終わる3時頃まで親は会場にいられないので、HP”mimosa”のオーナーである友人ゆぴーの家に遊びにいきました。彼女は、私のフラメンコを趣味から職業へと転化させるきっかけを与えてくれ、常に背中を押し、支え続けてくれた応援団長さまです。

今回はブログのアドレスを載せた新しい名詞を作るのがメインの目的でした。(私の名刺はいつもゆぴー家で作ってもらっているのです。思えば!Animo!もゆぴーのHPで連載させてもらってるし、何から何までお世話になっているなあ。。。感謝!)目的はささっと達成し、あとはのんびりお茶&お昼&おしゃべり♪ゆぴーが今はまっているというホームベーカリーで作ったチョコバナナパンもごちそうになり、まったく至れり尽くせりの楽しいひとときでした。

途中からmimosaの船長ぷふも加わり、ダイエットの話なんぞをしていたら、なんと最新型の体脂肪計が出てきました!最近のやつは骨格筋の量とか、内臓脂肪、基礎代謝量なども出てくるらしいです。「いろんな人のデータがほしいの。靴下脱ぐだけでいいから」と丸め込まれ(?)計量するハメに(@@)

結果はまあ一応踊ることを職業にしておりますから、実年齢より10歳ほど若いという結果が出て、ホッとしました。このところ玄米を炊くようになってからご飯が美味しくて美味しくて、つい食べ過ぎていたため計量前は真剣に不安だったんですが、恥ずかしい結果でなくてよかった。。。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、再び母の顔に戻ります。日本棋院へ迎えに行き、夕方のバトンのレッスンまでに時間があったので飯田橋のCANAL CAFEに行きました。この店はお堀に面して建っており、電車からも見えるので前から気になっていたのですが、ゆぴーとぷふが「あれはいい店だね」と絶賛するので行ってみることにしました。天気もよかったのでとても気持ちよく過ごせました。評判どおりオススメの店です♪

お茶を飲むだけでなく、ボートにも乗れると知り、娘達はまたまたボートに乗りたいとせがみました。30分600円(1人か2人で乗ると500円)と、不忍池と同じリーズナブルな価格でしたが、私たちには15分しか時間がありませんでした。それでも乗りたいという娘達の熱意に押され、チケットを買ってしまいました。

ボートに乗ってみると、不忍池とは違う広々とした景観でとても気持ちよかった♪今度はもっと時間のあるときに是非また乗りたいと思いました。

バトンのレッスンは6月17日の大会に向けた2時間の特別レッスンでした。私は教育ママでも何でもなく、子どもが楽しく続けられそうな習い事をさせていただけなのですが、あっちも大会、こっちも大会と何だか予想外の展開になってきています。まあ子どもたちはそのたびに充実感を味わっているようなのでそれはそれでいいのかな、と思うようにしてますが。

結局、いつもそうですが、とっても盛りだくさんな1日でした。

| | コメント (1)

2006年5月29日 (月)

25年ぶり♪

先週土曜日に高校時代のクラス会がありました♪

なんと25年ぶりに集まったクラスメイト達が昔話に花を咲かせ、2次会も含め6時間という時間があっという間に過ぎてしまいました。楽しかった~!

担任の先生もはるばる愛知から来てくださり、私たち生徒を一人一人ちゃんと覚えていてくださって、感激でした。

会の最後に、先生からお話をいただきました。「40代は、とにかく大変だから覚悟して、大変でも死なずに頑張れ。50代になれば爽やかな風が吹き抜けるようになるから。女性は社会人としての顔を持て。専業主婦で子どものことにしか関心を持たなくなると自分自身の常識がゆがんでくるから。」とのお言葉でした。

40代になったばかりの私たちをそんなに脅さなくても。。。と皆でぶつぶつ言っていましたが、確かに大変な年代であることは間違いなさそうです。子どもは大きくなってきてお金はかかるし、社会的な責任も大きくなります。私も去年からスタジオμのまとめ役を任され、40代になりたてなのにもうヒーヒー言っています。

でも後から、先生は脅したのではなく、10年頑張れば道は開けてくるから、希望をもって、諦めず投げ出さず頑張りなさいというお気持ちでその言葉を用意してくださったのだと思いました。ありがたくて涙が出ました。

思えば私は昔からとってもいい先生に恵まれています。小、中、高、大学の先生、塾の先生、フラメンコの先生などなど。卒業してもいまだにお付き合いさせていただいている先生もいらっしゃいます。私はその時代時代に出会えた素晴らしい先生方に、生きる姿勢や価値観を教えていただきました。とても幸せなことだと思います。

そんな出会いがあったから、私も教えることが好きになったのかもしれません。

10年、頑張ってみたいです!死ぬほど大変な日々を乗り越えた時の爽やかな風ってどんな感じなんでしょうね。そう考えると、イバラの道も少しは楽しく進んでいけそうな気がします♪

島田修三先生、そしてクラス会を企画してくれたみんな、本当にありがとうございました!

| | コメント (0)

2006年5月26日 (金)

カラコレス&ルナーレス通信 Vol.8

総会の出欠、委任状の提出は6月3日までに!

先月もお知らせしましたが、子ども支援グループでんでんの総会が622日(木)に行なわれます。参加、不参加のお返事は「総会のお知らせ」のプリントにて6月3日までに甲斐までご提出お願いいたします。

お茶の子祭祭のお知らせ

先日お知らせしました、6月10日(土)14:00~の「お茶の子祭祭」でのステージですが、ルナーレス金曜クラスよりお二人と私の計3名が出演することに決まりました。持ち時間と進み具合の関係から、セビジャーナス3番までしか踊りませんが、せっかくの広い舞台を生かした構成で踊りたいと思っております。出演はできなくても見には来られる、という方は是非1階のホールにいらしてくださいね。タップダンス、ベリーダンス、ストリートダンスの発表もお楽しみに!各教室とも衣装合わせや自主練習に励んでおられます。また、でんでんとしては5階のホールで各教室の展示や体験コーナーを両日開催する予定です。こちらにも是非足をお運びくださいね。

お茶の子に出演する方へ

当日の集合時刻は11:30です。滝野川会館の2階和室にいらしてください。

持ち物:衣装、靴、メイク道具、イヤリング、髪飾り、飲み物、軽食

髪型(オダンゴ)、マニキュアはあらかじめ家できちんとしてきてください。

ルナーレスジュニアとカラコレスの時間変更

皆さんには既にご相談申し上げておりましたが、7月より土曜ジュニアクラスと土曜カラコレスの時間帯を入れ替えさせていただく予定でおります。ジュニアの子たちはなるべく早く家に帰らせるべきだろうと考えてのことです。土曜カラコレスのレッスン時間は何度も変更することとなり申し訳ございませんが、子どもたちを取り巻く環境が劇的に悪化していることを考え、彼女達を危険にさらすことを少しでも避けるためにご理解、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。正式なレッスン時間は次回の通信でお知らせいたします。(ジュニア17:00~18:30、カラコレス:18:30~19:30を予定)

6月の予定:

カラコレス 火曜10時クラス:6日、13日、20日、27日

   土曜5時クラス:3日、10日、17日(17:30~18:30)、

       24日(17:30~18:30)

ワンコインレッスン(サパテアード):

  3日(土)18:00~18:30、13日(火)11:00~11:30

ルナーレス 火曜6:30クラス:個人レッスンのみ

      土曜6:30クラス:3日、10日、17日、24日

   金曜10:00クラス2日、9日、16日、23日、30日

カラコレス&ルナーレス通信 Vol.8

| | コメント (0)

2006年5月25日 (木)

どっちが本業?

この頃、睡魔との闘いが続いています。いつも眠くて眠くて。。。ちょっとでも座る時間があると電車でも歯医者の待合室でもすぐに眠ってしまうのです。花粉症の薬を飲んでいるせいかもしれませんが、そういえば以前よりパソコンに向かう時間が長くなっているので、その分睡眠時間が短くなっているせいもあるかもしれません。

一応私はバイラオーラ(フラメンコダンサー)で、職業としてはダンス講師、だと思うのですが、この仕事を始めてから文章を書く機会が格段に増えて、驚いています。踊っている時間と書いている時間、もしかしたら書いている方が長いかもしれません。教室のチラシ、生徒さんへの月間通信、子ども支援グループでんでんの運営としての様々な書類の作成、スタジオ運営のための各教室の先生方とのメールのやりとり等々、そしてこのブログ。どれも私がフラメンコを踊り、それを仕事にするようになったことによって発生したものばかりです。

仕事として踊る、ということはそういうことなのかもしれません。ただ趣味で踊っているだけならどれも必要ないですが、宣伝をする、生徒さんにお知らせをする、自分の教室が目指すところや私自身のことをよりよく知ってもらう、ということをするにはコミュニケーションは欠かせないのですね。情報伝達のメディアが急速に発展して直接対話しなくても多くの人に自分の考えを伝えることができるようになりました。だから子育て中の母でもこういう仕事ができるようになったのかもしれません。ありがたいことです。その分自分の文章力を磨かなくてはなりませんけどね。鍛えていればそのうち時間をかけずに書けるようになるかな。。。?

さて、フラメンコ関係ではありませんが、実は2003年秋から書き続けているものがあります。2003年の夏休みに、スペイン留学時代の友人が結婚するというので3人の娘を連れてスペイン旅行に出かけたのですが、そのときの日々をいずれ娘達にプレゼントするつもりで綴っています。30日余りの記録なのですが、1日分を書き上げるのに2ヶ月くらいかかってしまったりして、3年近く経った今でもまだ20日目がやっと書きあがったばかり(^^;)

もしお暇がある方は、こちらも読んでみてくださいね♪友人のHP "welcome to mimosa"のゆぴーのページで連載中です!(お気に入りリストに入っていま~す)タイトルは!Animo!でも長~いのでご注意あれ。

踊ることと書くこと、比べたら間違いなく踊ることの方が好きだけれど、踊ってばかりでは人間として偏ってしまうかも?考えたり書いたり、そこから人との対話が生まれたり、というのも大切だと思う今日この頃です。きっとそういうことも自分の糧になって、踊りに反映されてくるはずですよね♪

| | コメント (4)

2006年5月23日 (火)

小さな親切(?)

今日は朝10時からスタジオμでのレッスンだったのですが、昨日真ん中の娘が熱を出し、今日は熱は下がったものの大事をとって学校を休ませたため、我が家から歩いて5分の実家に娘を預けに行ってからスタジオへ向かいました。フラメンコ母は有給なんてないのでよほどのことがない限りレッスンの当日キャンセルはしません。自分は熱があってもインフルエンザでもない限り仕事に行きます。子どもがインフルエンザにかかっても実家に預けて私は仕事に行きます。今は大きくなってだいぶ丈夫になりましたが子どもたちが幼稚園に通っていた頃は入れ替わり立ち代りよく風邪をひいたり熱を出したりしました。実家さまさまです。

さて、東十条の駅に着いて、北口の階段を上ろうとすると、前に自転車を持った50代くらいの女性の姿が目に入りました。車や自転車で線路の東側から西側へと渡りたい時にはかなり迂回しないといけないため、駅の通路を抜けてショートカットしようとしたのでしょう。しかし、自転車はかなり重そうで、持ち上げて1段上っては降ろして休み、という感じでした。なので、思わず自転車の横に進み、「お手伝いしましょう」と言って一緒に自転車を持ち上げて階段を上りました。女性は驚いた様子でしたがとても喜んでくださり、丁寧にお礼を言ってくださいました。

昔、若かりし頃はお年寄りに席を譲るのも照れくさくてなかなか声をかけられませんでしたが、最近は頼まれもしないのに、立ち止まって地図を見ている外国人に「どこに行きたいのですか?」とつい声をかけてしまったりします。あ~、やっぱりおせっかいおばさんだ。。。

でも、たとえ余計なお世話でも、何もしないで見ているよりは声をかけて必要ないとわかった方がいいと思うのです。私は妊婦の時や子どもが赤ちゃんの時、悲しい思いをたくさんしました。一番上の子を妊娠した時、大きなおなかを抱えて電車通勤していても席をかわってくれた人はごくわずかでした。真ん中の子を妊娠した時は、大きなおなかを抱えた上、上の子をベビーカーに乗せて駅の階段を上り下りしたこともありましたが(家にじっとしているのは苦手でよく出歩いていたのでそういう場面はかなりありました)ベビーカーを持ち上げる手伝いをしてもらったのは1回か2回しかありませんでした。妊娠や子育ての経験がある中年の女性は理解ある態度を示してくれるか、と思いきや、電車の中で子どもが泣いてしまったりするとあからさまに嫌な顔をされたりしました。

日本人は人情に厚い、とか言いますが、こういう見ず知らずの人を手助けするとかいう点では非常に冷たい国民だと思います。もしかしたら冷たいのではなく、小さな勇気がないのかもしれません。気持ちはあっても行動に出るのは照れくさくてできないのかもしれませんね。外国では、赤ちゃん連れのお母さんや妊婦さんを手助けする光景をよく見かけます。助ける方も、助けられる方も当たり前のようにその状況を受け入れます。その当事者も、そこに居合わせた人たちも、とても気持ちよく、すがすがしい気分になります。

日本でも、そういう光景がたくさん見られるようになるといいですよね。

スタジオμの運営母体である、十条の「子ども支援グループでんでん」の代表である豊原さんという方も「自分は世話焼きおばば」だと言っています。でんでんルームやスタジオμで教室を開いている私たちはもとより、彼女に手助けしてもらった人は私が知っているだけでも数え切れない位たくさんいます。これから将来を担う子どもたちが、そんな大人の姿を見て、自然に学んでくれたらいいですね~。

| | コメント (0)

2006年5月18日 (木)

アルハンブラ

昨日、久しぶりに西日暮里のスペイン料理の店「アルハンブラ」へ行きました。タピピのオーナーの北嶋さんから「絶対いいから見に行こう」とのお誘いがあったのです。ここ数年、フラメンコ仲間の発表会は時々見に行きましたが、フラメンコのショーを見に行くのは本当に久しぶりでした。フラメンコを教える身としては、向学のため、もっと頻繁に見に行くべきなのでしょうが、何せ3児の母なもので、週3回も子どもを実家に預け、夕飯も頼んで教えに行ったり習いに行ったりしていると、もうそれ以上家をあけるのは母の仕事を放棄するようで、気がとがめて仕方なくなるのです。

でも今回は一大決心をして、出かけてきました。とりあえず夕方から子どもたちを実家に預け、主人になるべく早く帰って来てと頼み、子どもたちを迎えに行ってもらいました。夕飯は午前中に支度をしておきました。

お店に着くと、フラメンコ仲間のミヨコさんも来ていました。ショーは2部構成で、入れ替えなし。ショーチャージは500円という安さ♪1部と2部の合間には飲んだり食べたりおしゃべりしたり。実は最近色々と憂鬱なことがあって、北嶋さんにも「なんか生気がないよ」と言われる程だったのですが、気のおけないフラメンコ仲間と語り合い、舞台を鑑賞していたら、帰る頃にはすっかり元気になっていました。

バイレもカンテもギターもとってもよかったし勉強にもなりました。

頑張って出かけてよかった♪

| | コメント (0)

2006年5月16日 (火)

お茶の子祭祭

今日は午前中サークル「カラコレス」のレッスンがあり、そのあとこのスタジオでダンスの教室を開いている先生方とミーティングをしました。ストリートダンスのマミ先生は欠席だったのでジャズタップのミチ先生、ベリーダンスのタエ先生と私の3人でした。

議題は「お茶の子祭祭」です。これは、毎年北区の滝野川会館というところで行なわれているお祭りで、北区で活動している様々な団体が参加するのですが、準備や当日の進行は参加団体がみんなで協力して担います。去年は私が1人でガロティンのテープをかけてもらい「素人一発芸」というコーナーで踊りました。(素人じゃないけど許してもらいました)今年は20分の枠をもらい、4種類のダンスを発表します。出演は6月10日(土)14:00~14:20、1Fのホールにて。この他、10日(土)、11日(日)の2日間にわたり、5Fのホールで子ども支援グループでんでんの色々な教室の作品展示や、ダンス、気功の体験も行ないます。頑張って準備していますので、お時間ある方は是非見にいらしてください!

夜のクラスでは嬉しいことがありました!生徒さんが、「今まではあまりにもわからなくて出来なくて、続けられるかどうか心配していたけど、少し体がフラメンコの動きに慣れてきてセビジャーナスの1番がなんとかつっかえずに踊れるようになってきたら、おもしろくなってきてもっと上手く踊りたいという欲が出てきた」と言うのです。

彼女はもともと私の友達なので、私が教室を開いたからおつきあいで習ってくれて、そのうち適当なところで辞めてしまうのかな、となんとなく思っていましたが、そうではなくて、前からフラメンコは習いたかったし、習ってみたら楽しくなってきたので最近では家の鏡に向かって手首を回したりしている、と知り、本当に嬉しかったです♪

帰り道、彼女と一緒にスタジオμ近くの「みのや」さんというとんかつ屋さんで夕飯を食べて帰りました。とんかつとご飯、トン汁の定食で500円という安さにびっくりしました。そして量の多さにまたびっくり!お客さんも次から次へと入ってきて、いつのまにか満席になっていました。でも納得です。オススメですよ♪

| | コメント (0)

2006年5月15日 (月)

お天気♪

久しぶりにすっきりと晴れましたね♪

3児の母は貴重なお日様のパワーを無駄なく利用しようと、山のようにたまった洗濯物と布団を干すために朝から何度も階段を上り下りしてしまいました。

昨日は母の日でしたね。私自身は日ごろ子どもを預けたりおかずを運んでくれたりと、世話になってばかりの実家の母に梅エキス入りの黒酢をプレゼントしました。実家は、家から歩いて5分の距離にあるので何かと頼りにしてしまっています。お母さん、いつも本当にありがとう!!

さて、うちの子どもたちといえば、母の日だからお母さんの代わりにそうじや料理をしてあげる♪と言ってくれるかな~なんてほのかに期待していたのですが、いつもと変わらず朝からだらだら。私よりずっと早く起きていたのに朝ご飯も食べず、パジャマのままで主人とパソコンゲームをしていました。部屋もちらかし放題のままです。今日は特に予定もないので子どもたちとのんびりニコニコと過ごそう、なんて考えていたのですが、いきなりドッカーン!と怒りが爆発してしまいました。。。あ~あ。

結局片付けと宿題とハムスターの部屋の掃除が終わったのは4時過ぎでした。もう電車に乗って出かけるようなところへ行くのは無理です。そこで、自転車に乗って、ずっと前からせがまれていた不忍池に行きました。上の娘は手漕ぎボートに乗りたがっていたのです。下の娘2人はスワンボートがいいと言っていたので私と上の娘は手漕ぎボート、主人と下の2人はスワンボートに乗ることになりました。しかし、チケットを買う段になって手漕ぎは1時間600円、スワンは700円で30分しか乗れないと知り、やっぱり手漕ぎ!と結局手漕ぎを2艘借りることになりました。

上の娘は5年生。自分で漕いでみたい、と言うので少し教えてやらせてみたらなかなか上手です。オールの角度、腕の引き方、方向の変え方など、アドバイスをしっかり理解してうまく操縦し、最後の着岸まで1人でできました。もうやらせれば何でもできる年齢なんですね。子どもの成長は早いです。

帰り道、通りがかりの花屋さんで真ん中の娘が鉢植えのディモルフォセカ(デイジーの仲間)を買ってくれました。それに刺激されたいちばん下の娘はその近くのコンビニでプリンを買ってくれました。「お母さん、いつもありがとう」って言うんだよ、と耳打ちするお姉ちゃん、そしてその通り言いながらプレゼントを渡す妹。その両方の姿が可愛いくて、結局最後にはニコニコになった母でした。

大変なことのほうが多いけれど、子沢山の楽しさを感じた1日でした。

|

2006年5月11日 (木)

カモガヤ花粉

私は、梅雨入りの頃から8月初旬まで飛ぶカモガヤというイネ科の植物の花粉症です。基本的にスギやヒノキなどの花粉は大丈夫なのですが、去年大量に飛んだスギ花粉を大量に浴びた影響か、今年は節分頃から風邪でもないのに鼻水が出たり、時々目がかゆかったり、「軽い花粉症?」と見られる症状がダラダラと続いています。

そして、連休が明けたとたん、目のかゆみが強くなり、「これはまさしくカモガヤの花粉症。。。」という症状が現れました。

でもまだ五月上旬。例年に比べ早すぎます。確かにこのところ雨の日が多くて梅雨のような毎日ですが、そのせいでもう開花してしまったんでしょうか。。。?まあ年に一度、どのみち通らねばばらない道ならば早く来て早く通り過ぎてしまえばそれでもいいんですけどね。

そういえば花粉症にはヨーグルトが効くと言われていますよね。私は、甘くないプレーンヨーグルトに炒ったヌカを混ぜて食べるのが好きです。と言うと、ぬかみその臭いを想像して顔をしかめる人が多いのですが、それは全く違います。ヌカは、発酵しないとあの臭いにはならないのです。炒りヌカのイメージとしては、グラノーラのシリアルを粉末にしたもの、といった感じで、意外にも香ばしくて美味しいのです。

今はやりの玄米の、いちばん栄養価の高いところを食べることになるのですごく健康になれそうな気がします。実際、ヨーグルトのビフィズス菌とヌカの繊維質によっておなかの調子がよくなるというわかりやすい効果もすぐ現れるので、結構ハマりますよ。

ここまで読んでちょっとでも興味がわいた人は、だまされたと思って是非お試しあれ♪

| | コメント (0)

2006年5月 9日 (火)

1日3コマ!

連休が終わり、今週からスタジオμのレッスンも通常に戻りました。

今日は午前中10時からサークル「カラコレス」のレッスン、11:15からは月2回の個人レッスン、そして一旦家に帰り、夕方6:30からは教室「ルナーレス」のレッスンがありました。計4時間です。教える方は汗をかいたりするほど動かないので4時間レッスンしても疲れはしないのですが、家に帰ってきて夕飯を食べると、急にどっと睡魔がおそってきます。今日は日付が変わる前には寝たいな。。。

カラコレスでは、セビジャーナスの振り付けが終わり、あとは細かい直しと踊りこみの段階なので、5月からはファンダンゴ・デ・ウエルバの振り付けに入ります。ファンダンゴはカスタネットを鳴らしながら踊ることが多い曲ですが、サークルではカスタネットなしの振り付けをします。

火曜午前の個人レッスンの生徒さんは、以前フラメンコを習っていた経験者なので、ガロティンを練習しています。とても真面目で熱心な生徒さんなのですが、その真面目さゆえに踊りが硬くなりやすいので、肩の力を抜いて柔軟に、が課題です。私自身も同じタイプなので、すごくよくわかります。彼女に教えながら自分も戒め、勉強させてもらっています。

夕方の生徒さんは、カスタネットのセビジャーナスの1番の振り付けを何とか覚え、今日から2番の振りに入りました♪

どのクラスも少しずつ時間をかけて積み上げてきた成果が見えてきて、嬉しい限りです。

来年3月の発表会ではどんなに成長した姿が見られるか、楽しみです。

| | コメント (0)

2006年5月 6日 (土)

アンデルセン公園

5月3日、主人も私も仕事が休みで子どもたちの習い事関係のイベントもなかったので、主人がネットで見つけた「ふなばしアンデルセン公園」というところへ行きました。

私は人込みが苦手で、込んでいるとわかっているところへわざわざ時間と労力とお金をかけて出向いていくことはよほどのことがない限りしません。私と主人だけならまだしも、まだ小学生の娘達が人込みにもまれて疲弊するのもイヤなのです。なので子どもが生まれてからは、もっぱら近場で楽しんでいたのですが、このアンデルセン公園は「込んでいても広いので混雑が気にならない」と紹介されていたので出かけてもいいかなと思いました。

行ってみて、正解!でした。と~っても楽しかったんです。紹介文通りとても広いところで、アスレチックや大滑り台、パターゴルフ場などがそこここにあり、変形自転車やボート、ポニーにも乗れます。なかでもうちの子どもたちが気に入ったのは、子ども美術館というところにあるクラフトゾーンで、ここでは300円~500円でロウソク作り、クッキング体験、レザークラフト、オーブン粘土細工、木工作、染織などをやらせてもらえます。私もロウソク作りに付き添ったところ、子どもと一緒にはまってしまい、1時間も熱中してしまいました。

休日だったので通常より1時間遅い17時閉園でしたが全部楽しむには全然時間が足りませんでした。子どもだけでなく大人も楽しめたので、家族全員満足して帰ってきました。

ちょっと行きづらい場所にありますが、入場料も安いし、絶対お薦めです!

年間パスポート買ってしまおうかな。。。

| | コメント (0)

2006年5月 2日 (火)

体にいいこと

ストレッチはとても大切です。

私はそのことを現在の師匠である小林弘子先生に教わりました。3年前にミセスクラスに通っていた時、先生はとても念入りなストレッチをレッスンの始めに組み込んでおられました。「このストレッチは骨盤のゆがみを矯正するのよ」「これは自律神経に効くストレッチ」など、色々と説明もしてくださいました。

その後上級クラスに移ると、レッスンが始まる前に各自でストレッチをするようになり、レッスン時間に先生と一緒にやることはなくなりました。すると、その頃ストレッチの大切さを実感していなかった私は適当に5分くらい体をほぐす程度で済ませてしまうようになりました。

そんな気持ちでいた私ですが、自分で教えるようになった時、1時間のレッスンでも必ず30分はストレッチを組み込むようにしました。それは、最初に受け持ったサークルの生徒さん達に運動不足の方がとても多かったからです。普段運動をしない方がいきなりフラメンコを踊ったら膝や腰を痛めるかもしれない、「老若男女だれでも楽しめるフラメンコ」をコンセプトに掲げているのに「もともと体の丈夫な人やきちんと筋肉を付けた人しかできない、やっぱりフラメンコは敷居が高い」ということになったらこのサークルを開講した意味がない、と思い、小林先生に習ったものを中心に、フラメンコの動きに必要な部分を動かし、伸ばすストレッチメニューを組み立てました。

そのおかげで、生徒さん達から「体の調子が良くなった」「肩こりが少なくなった」など、嬉しい反響をいただくようになりました。

私自身も、以前は坐骨神経痛を患ったり、膝が痛くなったりしましたが、今はその予兆すらありません。体の調子が良くても予防のため月に1回は通っていた整体院にも、もう半年以上行っていませんが全く支障ありません。それは、受け持つクラスが増えて週5~6回はこの念入りなストレッチをしているからでしょう。

3年前は早く振り付けを習いたくて、ストレッチの時間がなんだかもったいないような気がしていましたが、今考えればとても貴重で価値ある贈り物をいただいたのだということに気がつきました。

今では、フラメンコ仲間に足や腰を痛めた人がいると、「こんなストレッチしてみたら?」とおせっかいおばさんしています。

| | コメント (0)

2006年5月 1日 (月)

カラコレス&ルナーレス通信 Vol.7

5月になりました。毎月発行しているフラメンコサークル&フラメンコ教室の通信をご紹介します。

カラコレス&ルナーレス通信 Vol.7

新年度が始まって1ヶ月がたとうとしています。年度始めは何かと忙しいですね。子ども支援グループでんでんでも4月からでんでんROOM2をスタジオμ(ミュー)に名称変更し、新しいパンフレットを作ったり、新年度の会則や年会費の見直しをしたり、総会に向けた準備をしたりと少人数の運営委員で慌ただしく進めております。今年度の総会は6月22日(木)です。昨年度の活動報告や今年度の活動予定、会計報告などをいたします。またでんでんについてのどんなご質問にも代表の豊原きよみがお答えしますので、みなさんどうぞご参加ください。

参加、不参加のお返事は「総会のお知らせ」のプリントにて甲斐までご提出お願いいたします。 スタジオ内にでんでんの新しいパンフレットと総会のお知らせ、正会員申込書が置いてありますので、お1人1部ずつご査収ください。また、昨年正会員申込書にご記入されていない方はこちらもご提出ください。年会費は総会で承認されてから納入していただきますので、6月末に7月の月謝と一緒にお納めください。(総会前に納入していただいても構いません。その場合、万が一総会で変更が生じた際には精算させていただきます)今年度も子ども支援グループでんでんへのご支援、ご協力をお願い申し上げます。

さて、6月10日(土),11日(日)に、滝野川会館にて「お茶の子祭祭」というお祭りが開催されます。スタジオμではフラメンコ、タップダンス、ベリーダンス、ストリートダンスの教室が合同でステージに出演することになりました。セビジャーナス1曲ですが、大勢で気軽に踊れる機会ですので是非みなさんご参加ください。出演時間は10日(土)14時から20分間(うちフラメンコは3分)です。出演される方には衣装やメイクなどのご相談に応じますので、4月末日までに参加か不参加かをお知らせください。また、でんでんとしては5階のホールで各教室の展示や体験コーナーを両日開催する予定です。こちらにも是非足をお運びください。

5月の予定:

カラコレス 

火曜10時クラス:2日、9日、16日、23日  

土曜5時クラス:6日、13日、20日、27日(11:30~12:30)

ワンコインレッスン(カスタネット):9日(火)11:00~11:30、20日(土)6:00~6:30

ルナーレス 

火曜6:30クラス:個人レッスンのみ   

土曜6:30クラス:6日、13日、20日、27日(10:00~11:30)   

金曜10:30クラス:12日、19日、26日(今月は3回しかレッスンができませんので 来月は5週目までレッスンいたします。)

*27日(土)のレッスンについて:都合により午前中のレッスンにさせていただきます。ご都合の悪い方は火曜に振り替えてくだされば幸いですが、土曜しか参加できず、しかも午前中は都合が悪い、という方はご相談ください。またルナーレス会員で火曜に振り替えたい方は日程調整いたしますのでお申し出ください。ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »