トップページ | 2006年5月 »

2006年4月29日 (土)

託児付き♪

スタジオμ(ミュー)には、託児ルームがあります。

「子ども支援活動グループでんでん」が運営しているので、子ども支援、子育て支援を考えたスタジオ作りをしているのです。

昨年9月にオープンした時にはママを元気にするフラメンコサークル、大人のためのフラメンコ教室、そしてジュニア対象の教室を開講しましたが、今年の2月に「託児付きフラメンコ教室」を開講しました!

お子さんにとっても居心地のいい場所になってほしいと思い、託児ルームとレッスン場を完全に隔てるのではなく、好きなときに自由に出入りしてお母さんが踊っている横で遊んでいてもいい環境にしています。

お母さんから離れると泣いてしまうお子さんもいるので、そんな時にはみんなで床に座ってカンテ(歌)を練習したり、カスタネットの練習にしてそのお母さんは座ってお子さんを膝に乗せたまま叩いてもらったり、とその時の状況に応じて練習内容を変えています。

託児が必要な小さいお子さんがいる状況でのレッスンは初めてで、試行錯誤の毎日ですが、子ども支援グループの活動としていちばん目的に沿ったクラスだと思っているので何とかいいクラスになればいいな~と頑張っています。

レッスン後には時々お茶の時間を設け、お子さんも交えてみんなでくつろいでから帰ります。朝時間がある時には私が玄米のおにぎりを作っていき、レッスン後みんなで食べます。これがなかなか好評で。

こんなアットホームなフラメンコクラス、なかなかないんじゃないかと思います。是非たくさんの方に知っていただきたいです。ご興味のある方はどうぞお気軽に見学に来てください!

お待ちしています。

| | コメント (0)

2006年4月25日 (火)

火曜夜のレッスン☆

火曜日は通常午前中にフラメンコサークル「カラコレス」のレッスン、夜にフラメンコ教室「ルナーレス」のレッスンがあります。

今日は午前中子どもの学校の用事があったので午前中のレッスンはお休みでした。

夜のクラスは、現在生徒さんが1人しかいないので個人レッスンになっています。その生徒さんは楽器が大好き。バンド活動なども行なっていて、ギターや世界各国の太鼓を演奏します。なのでとってもリズム感が良くて、指の力も強いので、カスタネットを教えたら、ちゃんと叩けるようになるまで普通は1ヶ月くらいかかるのに彼女はあっと言う間にマスターしてしまいました。

私の教室では、まず初心者の方には手首の回し方、足の踏み鳴らし方、カスタネットの叩き方などベーシックな動きを練習する他に、セビジャーナスという踊りを教えるのですが、彼女の場合は手首を回しながらセビジャーナスを踊るよりカスタネットを叩きながら踊る方がずっと動きやすいみたいなので(普通は反対です)、個人レッスンの特権でカスタネットを使うセビジャーナスをお教えしています。

カスタネットを鳴らしながら踊ってみたい方、火曜クラスの仲間になりませんか?

| | コメント (2)

2006年4月24日 (月)

変身!

北区の東十条駅前に、ダンススタジオがあります。子ども支援グループでんでんという子ども支援、子育て支援活動を行なう非営利団体が運営しています。昨年9月に出来たのですが、この3月まではでんでんROOM2という名前でした。

4月からはスタジオμ(ミュー)に名称変更しました。

私は、このスタジオμでフラメンコ教室を開いています。

金曜午前中は託児付きクラス、土曜夜はジュニアクラス、そして火曜午前中と土曜夕方はママたちを元気にするクラス。

このスタジオは、教室やサークルを主宰する人たちが家賃をシェアし、それぞれが協力しあって運営しています。フラメンコ教室のほかには、ママさんサークルのマムズ・ステージ、大沢ミチタップダンス教室、Wingedストリートダンス教室、♪tae♪ベリーダンス教室、放松(ファンソン)気功教室が入っており、これからも絵画教室やオカリナ教室、リトミック教室が増える予定です。

これから、フラメンコ教室のことやスタジオμのことを詳しく紹介していきたいと思っています♪

子ども支援グループでんでんのHPもどうぞご覧ください。http://www.geocities.jp/dendenroom/

| | コメント (0)

トップページ | 2006年5月 »